永遠に生きること

神がなさった良いこと。今ひとつは、永遠のいのちを約束してくださっていること。

ところで永遠のいのちと言っても、神が与えられるそれは、いわゆる不老不死というものではない。もし神が不老不死のいのちを与えようと言ったら、私はどうするだろうか。果たして、それを喜んで受け入れるだろうか。いやいや、それはないだろう。私はきっと遠慮するに違いない。いや、遠慮ではなくて、はっきりと断るだろうと思う。不老不死。すなわち老いることもなければ、死ぬこともない。それだけを聞くと、なんとも良いことのように思えなくもない。老いず死なず、ということは寿命がないということになる。言うなれば、時間の制限を受けることのない身分になるということだ。やりたいことがあったら、いつでもやることができるのだ。今日やれなかったら、明日でもよい。そして明日がだめなら……時間はいくらでもある。そうやって考えると、ずいぶんと気が楽になるのも確かだ。焦ることも慌てることもないのだから、のんびりと日々を過ごせるに違いない。

しかし冷静に考えてみれば、そんなに楽しいことばかりではないのが、この世界の現実ではないだろうか、残念なことかもしれないが。例えば、やりたいことをやるだけの時間が限りなくあったとしよう。そうだとしても、あるのは時間だけで、お金は保証されていないのだから、やりたいことをやるためのお金を稼がないといけない。不老だから永遠に定年にたどりつかないわけで、つまり永遠に年金を払い続けるだけで、いつまで経っても年金をもらうことはできないのである。当然、定年退職を迎えることはないので、退職金を手にすることもできない。どれだけ働いて、どれだけ積み立てても、返ってこないのである。まぁ、途中で退職すれば話は別だろうが、いつかまた働かないとならない。つまりは、これを永遠に繰り返さなければならない。そうだとすれば、世の多くの人々にとっては、これは苦痛以外の何ものでもないだろう。
続きを読む

たぶん、幸せ、かも

神がなさった良いこと。今ひとつは、自分が幸せかもしれない、と感じられること。

果たして自分は幸せなのだろうかと、そのように考えてしまうことがしばしばある。そう考えるときに、いつも悩んでしまうことがある。「そもそも幸せって何なんだ?」幸せの定義というべきか、私にはこれがよく分からない。今まで何度も考えてみたけど、未だに答えを出せないでいる。きっとこの先何年掛かっても、その答えは見出せないだろうと、もはや諦め掛けているのも事実である。だから私は自分が幸せなのかどうかと、考えるたびに、少なくとも不幸せだとも感じないから、たぶん幸せなのかもしれない、とそう思うのだ。なんとも大ざっぱと言えば、その通りなのだが。もっともその考え方をするのであれば、幸せが何かもよく分からず、幸せと感じていないのであれば、もしかしたら不幸なのかもしれない、とそう考えてしまうこともできなくはないだろう。

さてグラスに水が半分入っている様子を見て、「半分も入っている」と思える人はポジティブな思考の持ち主で、反対に「半分しか入っていない」と思う人はネガティブな思考の持ち主である、というのはよく聞く話である。先の例もあるように、おそらく私の場合は前者であろう。ポジティブというと聞こえは良いが、私の場合は、ただ能天気でオメデタイだけなのかもしれない。それとも、不都合なことには気が付かないふりをしたいだけなのだろうか。
続きを読む

赤ん坊でさえ

神がなさった良いこと。今ひとつは、人は罪人であると教えてくれたこと。

これを原罪という。すなわち、すべての人は生まれながらにして罪を負っているということだ。しかし、本当に人は生まれついて罪を犯す性質があるのだろうか。ふと、そう感じたりすることがあるのは、私だけではないだろう。例えば、生まれて間もない赤ん坊の姿や、その澄んだ瞳を見たりすると、まさしく純真無垢とはこのような小さなもののことなのではないか、と思ったりするのだ。それにしても、赤ん坊の瞳は、なぜあのように澄んで見えるのだろうか。世の中の邪気にまだ触れていないから澄んでいるに違いないという先入観があるから、そのように見えるだけなのだろうか。それとも、赤ん坊の目はまだ発達途上にあり、うまく涙を流すことができないので涙目でいることが多く、その様子が成長した子供や大人の目とは違い「澄んでいる」と見えるのだろうか。

さて、本当に赤ん坊は、その澄んだ瞳が現すように、罪も穢れも知らぬ、純真無垢な存在なのであろうか。これは海外での話だが、赤ん坊が本当に悪を知らぬかを確かめるために、ある実験をしたことがあるそうな。まず、赤ん坊にぬいぐるみを使った劇を見せたそうだ。その劇では、困っているぬいぐるみを助ける親切なぬいぐるみと、困っているぬいぐるみをさらに困らせるいじわるなぬいぐるみを登場させ、劇を見せた後に、赤ん坊にぬいぐるみを選ばせるというものだった。すると、多数の赤ん坊が親切なぬいぐるみを選んだそうな。研究者たちが導き出した考えは、何も教えられていない赤ん坊でさえも、何が良くて、何が悪いかを知っているのではないか、ということだった。
続きを読む

十点満点中、何点

神がなさった良いこと。今ひとつは、神が十戒を与えられたということ。

「え、本当に?」と疑われてしまうかもしれない。なんせ私のような中途半端な信仰の持ち主が言っているのだから、信用されなくてもしかたない。いや、今さら真面目な信仰者のフリをしているわけでもなければ、ましてや信仰の篤い人間を目指そうと無理にそのように自分に言い聞かせているわけでもない。改めて神のなさったことを振り返ったときに、ふとそのように感じたまでだ。

ところで英語のことわざに、このようなものがある。”Rules are made to be broken.”訳すと「決まり事は破られるために作られている」と言うことになる。つまり「決まりは守らなくても構わないし、破ったとしてもしようのない」ということになる。なんだか約束事を守ることができなかった、もしくは守ろうとさえしなかった人たちの言い訳のようにも聞こえてしまう。誰が最初に言い始めたことわざなのか分からないが、当たらずとも遠からずと言ったところだろうか。
続きを読む

神は見て、それをよしとされた

神がなさった良いこと。ひとつは、神が天地万物を創造されたということ。

聖書の最初はこのように始まっている。「初めに、神が天と地を創造した。地は形がなく、何もなかった。やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。そのとき、神が『光よ。あれ。』と仰せられた。すると光ができた。」(創世記1章1〜3節)まず初めに神がなさったのは、世界を創ることであった。
続きを読む