律法の価値

金は諸悪の根源などというが、元来、金は悪いものではないはずだ。絶海の孤島でひとりで生活するのでもなければ、金は必要なものである。厄介なのは、金は人を惑わすということであろう。最近は、何かと金銭をめぐるニュースが多い。つい先日の福岡の事件などは、その最たるものであろう。3億8千万円の強奪事件である。闇は深いというか、何かと胡散臭いこと尽くしの事件である。まず29歳の東京都の会社員が福岡まできて、現金でこれだけの金額を用意したというだけでも不思議である。それを一人で銀行から車まで運んでいたときに奪われたというからさらに謎は深まる。ちなみに1万円札の重さは約1グラムであるという。そうすると、3億8千万円は38キログラムになる。それをスーツケース二つに分けて運んでいたというから、ひとつあたり少なくとも20キログラムはあったに違いない。貴金属を買い付けのための資金だそうだが、どうやら個人取引の場合で、なおかつ貴金属を換金するのでもなければ、通常は現金での取引はないらしい。また大金を運ぶ時は、複数人での行動が基本であるという。彼を派遣した東京の会社は危機感がないのか、それとも何か現金で取引しなければいけない理由でもあったのか、はたまた数億円程度ならうっかり盗まれても痛くも痒くもないほどの資金力を持っているのか……考えれば考えるほどに謎は深まる。どうもここまでくると、陰謀論者でなくとも、あれやこれやと勘ぐってしまいたくなる。

その直後に、大金を所持した韓国籍の男性数人が福岡空港で身柄を拘束されたという。容疑者かと思いきや、調べてみるとこの男性らが犯人ではなかったそうだ。というのも、なんとびっくり、先の強盗事件の被害額を大幅に上回る7億円ほどの現金を所持していたからだそうだ。ということで、別の容疑で彼らは逮捕されたとのことだ。この二日間で、怪しげな金が10億円ちょっとも動いていたことになる。年末ジャンボ一等前後賞の賞金額をちょっと上回る、庶民の私からすれば、まずどうやっても一生拝むことのできない金額である。
続きを読む

わたしは、よみがえりです

今さら言うようなことでもないかもしれないし、もしかしたら前にも言ったことがあるかもしれない。でも、この時期になるといつも思うことがある。私はクリスマスよりもイースターの方が好きだ。ついでに言うと、イースターと書くと、どうも言葉の持つ重みというか、本来の意味が薄れてしまうようで、これもまたあまり好きになれない。というよりも、もしかしたら日本の場合に限定されることかもしれないが、イースターの意味も分からずに、ただ形骸化しただけの玉子やうさぎに象徴されるイベントのみを世の中が受け入れているように思えて、どうも気に入らない。だから私にしてみれば、復活祭と呼ぶ方がまだ好ましく思えるのである。もっとも、それではあまりに意味が直接的な気もするし、やはり世の中としては受け入れがたいのかもしれないが。

ともあれ、なぜ私はクリスマスよりも復活祭の方が好きなのか。それは、クリスマスに特有のどこか浮ついたかのような、にぎやかさというか騒がしさがないからだ。クリスマスプレゼント、クリスマスツリー、クリスマスパーティー等々クリスマスという言葉を頭にした言葉や、クリスマスを理由にした物事は数多くあるが、復活祭、もしくはイースターという言葉を頭にしたものは少ないし、それに関わる物も少ない方だろう。考えてもみれば、イエス・キリストがこの世に生まれた日も、多くの人々にとっては他の日と同じ、つまりいつもと変わらぬ日常だったに違いない。同じように、彼が墓場からよみがえられた日も、安息日ではあったが、やはり多くの人々にとっては他の安息日と何にも変わらぬ日であったろう。それを思うと、祭りの熱に浮かされたような空気の感じられないなかで過ごせる復活祭は、どこか私を安心させるのである。
続きを読む

不正の勧め

いつになったら咲くのだろうかと思っていると、知らないうちにあっという間に咲いてしまうのが桜の花ではないかと、最近よく思う。毎日の通勤電車から花をつけていない桜の木を見て、今年の開花予想はいつだったかとか、この桜はいつになったら花が咲くのかなどとその時は考えてみるのだけれど、時間が経つとともに、日々のあれやこれやに気を取られてしまい、しばらく気にかけていないと、ふと気が付いた時にはすでに満開になっていたりするのだ。それならまだしも、まだ咲いていないと思っていた桜の木が、次に見たときにもあまり花をつけていないと、なぜだろうかと改めて見れば、すでに散り始めていた……ということもある。

さて、これは私の個人的な感想であるが、桜の花というのは、よく晴れた日の青空と緑の下草を背景にしたら、よく見栄えがするものだと思う。これぞ待ち望まれた暖かい季節の到来、寒い季節との決別を象徴する景色のようである。ところが、時々雨が混じる曇り空の下、ビルの林立する街並みのなかでは、映えないどころかみすぼらしく見えてしまうのだ。私が色弱だからなおさらなのかもしれないが、日の当たらない色彩の乏しい場所にあると、桜の花が本来の桜色ではなく灰色に見えてしまうのである。茶色なのか黒色なのか分からない枝に灰色の花が咲いていたとしても、それはあまり魅力的なものではない。人によっては春らしい風景を見るのかもしれないが、私の目には鮮やかさを失った景色としか映らないのである。同じものを見ても、見る人によって、その印象というのは変わってくるものなのであろう。
続きを読む

神のものはすべて

日本におけるクリスチャンの総数は人口の1パーセントであるという。単純に考えれば百人集まれば、そのうち一人はクリスチャンということになるが、私の感触では、百人集まったとしても、一人がクリスチャンである可能性はかなり低いのではないかと思う。はたして自分がクリスチャンであることを隠して生きているから、少なく見えてしまうのか。とはいえ、見た目だけでクリスチャンかどうかを判断するのは難しいだろう。私だって知らない人から見れば、クリスチャンかどうか分からないだろう。もちろん、人から聞かれたら、そうだと答えるが。

そんなわけだから、街の中で教会とは離れた場所でキリスト教っぽいものを見ると、いったいどこにクリスチャンが潜んでいるのかと不思議に思ってしまうこともある。たとえば先日も、食事をしようと雑居ビルの中にある店に行ってきたのだが、エレベーターの中に十字架が貼り付けてあったのを見つけてしまった。あれはあれでなかなかインパクトがある。なんせ接着剤でエレベーターのドアの上にところにしっかりと付けられていたのだから、さすがにクリスチャンの私の目から見ても、何やら異様な雰囲気であった。ほかにも、意外なところでクリスチャンミュージックを耳にすることもある。私の想像だが、音楽を流している人はそれと知らずにやっているのだろう。洋楽というだけで、あえてその歌詞までは気にしていないのかもしれない。たとえば、先日近所のイオンに買い物に行ったのだが、どこかで聞いたことのある歌が流れていた。日本語に訳すとこんな感じだ。「私を愛するために生き、私を救うために死なれ、私の罪を遠くに運び去るために葬られ、私を義とするためによみがえられた。いつの日か主は帰ってこられる。なんと栄光に満ちた日だろうか、なんと栄光に満ちた日だろうか。」疑う余地がないほどにクリスチャンの歌である。この曲が収録されたCDを私は持っているのだから、間違いない。英語圏の人がいたら、イオンはキリスト教系の店だと勘違いしてしまうに違いない。
続きを読む

天にある喜び

移動や出張などで外で食事をするとき、私がよく選ぶのは、パスタや中華料理、それにタイ料理である。どれもあまり家で食べることができないからだ。そうでなければカレーか唐揚げだったりする。これは家でも食べることができるが、単に私の好きなものであり、色々と食べ比べてみたいからでもある。

そんなこんなで、先日も昼食を何にしようかと電車に揺られつつ考えていたのだが、なんとなく心はスパゲティに傾いていたので、パスタ屋に入ってみた。メニューを眺めつつ、あれやこれやと考えた。カルボナーラも食べたいが、カロリーが高過ぎそうだ……ペペロンチーノも捨てがたいけど、これから打ち合わせだというのにニンニクのにおいをさせるのも申し訳ない……オーソドックスにミートソースも良いかもしれない、が、ワイシャツにトマトソースがはねると染みになってしまうので、これも平日の昼間に食べるのはちょっとためらわれる。ということで最終的に落ち着いたのは、海老とモッツァレラのトマトクリーム。絶品というほどではないにしても、優雅なディナーというわけでもなく仕事の合間の昼食としてなら、まずまず納得できる味と量であった。だが、どうも何か物足りない。腹八分目ということを考えたら満足なはずではあるが、満足感が得られないのである。店を出て歩きつつ、中華屋の前を通り過ぎるとき、やはり中華料理にするべきだったかと、ちょっとばかり後悔をするも、食べ終わってからではすでに手遅れである。
続きを読む