エルサレムのために泣く

人々に歓迎されながら、イエス・キリストはエルサレムにやってきた。人々が喜びに満たされて大声で神を賛美しながら彼を迎える中、彼は何を思っていただろうか。彼の心はどのように感じていたのだろうか。人々に歓迎されることに喜びを感じていただろうか。ようやくエルサレムにたどり着いたという感慨にふけっていただろうか。彼の顔に浮かんでいたのは笑みだったろうか。彼の口から出たのは、安堵の溜息だったろうか。その時のイエスの様子が、聖書にはこのように書かれている。「エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて」(ルカの福音書19章41節)

エルサレムの都より少し高いところにあるオリーブ山から、繁栄を誇り、多くの人々が暮らしている都を眼下に見て、イエス・キリストはその都のために泣いたのだ。イエスのそのような様子を見た人々は、もしかしたら彼が感動して涙を流しているのか、そう思ったかもしれない。しかし今までのことを振り返ると、はたして彼が感動して涙を見せたことがあっただろうか。イエスが前に涙を見せたのは、ラザロが死んだときのことだった。その時の涙は、霊の憤りを覚え、心の動揺を感じたからではなかったか。(ヨハネの福音書11章33、35節)彼の心を動かすものは喜びなどではなく、むしろ悩みや苦しみや心配と言った、おおよそ好ましくない感情によることの方の方が多いのではないだろうか。

ところで、エルサレムにまさに入ろうかというその時にイエスが泣いたそのわけは、彼のこのことばに見出すことができるだろう。「おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。やがておまえの敵が、おまえに対して塁を築き、回りを取り巻き、四方から攻め寄せ、そしておまえとその中の子どもたちを地にたたきつけ、おまえの中で、一つの石もほかの石の上に積まれたままでは残されない日が、やって来る。それはおまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。」(ルカの福音書19章42~44節)

実にイエスのエルサレム入りから数えて数十年ほど先のことになるが、ユダヤ民族とローマ帝国に間に戦争が勃発し、西暦七十年にローマ軍によってエルサレムは陥落され、神殿も破壊されしまうことになる。果たしてイエスはそれを予見してこのように言っているのだろうか。そうなった後のエルサレムの様子を思って泣いたのだろうか。そのようにも思われるし、またそうでないようにも思われる。

残念ながら、エルサレムも神殿も完全に破壊され、火を放たれて、生き残った人々は奴隷として連れて行かれてしまったのが史実である。それを思うとイエスのこのことばは、近い将来起こるであろうことを暗示していたと考えてもおかしくはない。しかし、最後のことばがどうも気になるのだ。イエスはこう言っている。「それはおまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。」

なぜ福音を知らなかったことが、ユダヤ戦争とエルサレムの陥落に結びつくのだろうか。神の訪れを知っていれば、戦争は避けられたのか。イエスを受け入れていれば、ローマとの間に平和を築けたのだろうか。確かにイエスはユダヤの王ではあったが、それは霊的また信仰的な意味でのことであった。エルサレムを中心としたユダヤ国家の復活を意味する、人々が期待していたようなこの地上での王ではなかった。そうすると、たとえエルサレムに住む人々が福音を聞いていたとしても、ユダヤとローマの勢力図には何の影響も与えることなく、ローマ帝国との戦争もその結末も、避けることのできるものではなかったのではないかと思うのだ。

それとも、エルサレムが神の国の訪れを知らなかったことで、つまりイエス・キリストが本当は何者であるかを知らなかったことで、彼を一度は受け入れておきながらも、やがては彼に背を向けてしまうという、その罰として災いがエルサレムとユダヤの民に降り掛かるということなのだろうか。その場合はローマ帝国はユダヤの民を懲らしめるための、間接的には神の道具となったのだろう。とはいえ、本当のところは、分からない。

ただ確かなことは、イエス・キリストはそれを暗示して、それで終わったわけではないということだ。また、自ら招いた災難だとばかりに、冷淡に突き放したわけでもなかった。イエスはエルサレムのために涙を流したのだ。もったいないことだ、残念なことだ、というものではない。それは彼の心を苦しみと悲しみと不安とで締め付けるような、強い思いであったろう。もし、エルサレムが神の訪れを認め、ユダヤの民がイエスを王として受け入れていれば、歴史は変わっていたかもしれない……だが、後世に生きる私が歴史のもしもを言ったところで、起こったことはどうにもならない。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ