上から下まで真っ二つ

「わが日の本は島国よ」と聞いて、生まれながらの横浜市民ならその先を続けられるに違いない。私などは小学生の頃に何度も何度も歌ってきたから、四十歳を過ぎた今でも覚えているくらいだ。横浜市歌でも歌われているように、日本は四方を海に囲まれた島国である。さらにそれだけでなく、東西に狭く南北に長い。ほぼひと月ぶりに猛暑日と観測された場所がゼロになったかと思ったら、同じ日に北海道では初雪が観測されたという具合である。そんな日本の地形が頭にあるから、ついこのような勘違いをしてしまう私である。「海岸線を持たない県はなかったんじゃないかな。」申し訳ない、地理は昔から苦手なのである。そこでちゃんと数えてみると、日本には海と接していない県が八県あることに気付く。もっとも47都道府県のうち8県であるから、やはり少ないことには違いないか。それに滋賀県には海がないと言っても、日本最大の湖である琵琶湖があるから、ちょっと他とは違うかもしれない。そういえば、琵琶湖ってまだ行ったことがないな……。

ところでそんな内陸県のひとつ、栃木県で3週間ほど過ごして帰ってきたのだが、やはり横浜に帰って来て、駅から自宅への帰り道、階段を上りきったところで振り返って景色を眺めて、街並みの向こうに改めて海を目にすると不思議と安心を覚えるのだ。考えてもみれば人間の体の大半は水で出来ているという。それに一つの学説としての進化論では生命の起源は海にあるというし、また聖書に従えば「神は『天の下の水は一所に集まれ。かわいた所が現われよ。』と仰せられた。するとそのようになった。神は、かわいた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、それをよしとされた」(創世記1章9〜10節)とあるように、あらゆる生き物に先だってまずは海を創造されている。どうやら、海と人とは切っても切れない関係にあるのだろうか……というのは、私だけが思っていることかもしれないが。

ともあれ、人にとって本当に必要なものとは海ではなく、その海を創造されたお方であろう。ところが人は創造主である神に容易に近づくことができなかった。なぜなら清い神と、罪深い人間の間にはどうしても越えることのできない隔てがあったからだ。しかしイエス・キリストが十字架の上で人々の罪を背負われて命を落とした時に、その隔てはなくなったのだ。それを象徴するかのような出来事がこのように記録されている。「そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真二つに裂けた。」(ルカの福音書23章44〜45節)

神殿の幕が二つに裂けた。別の福音書では同じ出来事がそれぞれこのように書かれている。ルカの福音書より、ほんの少しではあるが詳しく書かれている。「神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。」(マタイの福音書27章51節)、「神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。」(マルコの福音書15章38節)つまり神殿の幕は横に裂けたのではなく、縦に裂けたということだ。どちらでもよいではないかと思うのであれば、実はそうでもないのかもしれない。

そもそも神殿の幕は、神のおられるところと、外の世界を隔てているものだった。もし横に裂けたのであれば、まだ上半分が残っていることになるだろうから、たとえて言うならば、外から幕の内側におられる神の御顔を見ることができず、神からは幕の外にいる人々に手を差し伸べることはできないようなものであろう。(ちなみに幕の内側には契約の箱が安置されているだけで、実際に神様がでーんと座っていたわけではないので。)しかし幕が上から下まで真っ二つに裂けたということは、そこにある契約の箱が誰もが見ることのできるようになったということになる。なお契約の箱そのものは神ではない、あくまでも神の臨在の象徴である。神がモーセに命じて契約の箱を作らせたときのことが、このように書かれている。「わたしはそこであなたと会見し、その『贖いのふた』の上から、すなわちあかしの箱の上の二つのケルビムの間から、イスラエル人について、あなたに命じることをことごとくあなたに語ろう。」(出エジプト記25章22節)

上から下まで真っ二つになったということは、神の臨在が誰もが目にすることができるようになったということである。祭司でなくとも、誰でもが自由に神の御許に行くことができるようになったということだ。イエスの死によって、神と人とを隔てていた幕が取り払われたということを現す出来事と言えよう。

幕が裂けた後に「イエスは大声で叫んで、言われた。『父よ。わが霊を御手にゆだねます。』こう言って、息を引き取られた。」(ルカの福音書23章46節)

イエスはこの地上でなすべきことを果たしたのだろう。この世界での役目を終えたイエスは自らの魂を父なる神の御手に委ねた。考えようによっては、彼のこのことばによって、我々の魂も同時に神に委ねられたとも言えよう。なぜなら人は直接父なる神に会いに行くことができるようになったのだから。神はこう仰っている。「わたしはそこであなたと会見し……あなたに語ろう。」我々の抱えるすべてのことを、神の御前に差し出し、神の助言を求めることもできるようになったということである。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ