永遠に生きること

神がなさった良いこと。今ひとつは、永遠のいのちを約束してくださっていること。

ところで永遠のいのちと言っても、神が与えられるそれは、いわゆる不老不死というものではない。もし神が不老不死のいのちを与えようと言ったら、私はどうするだろうか。果たして、それを喜んで受け入れるだろうか。いやいや、それはないだろう。私はきっと遠慮するに違いない。いや、遠慮ではなくて、はっきりと断るだろうと思う。不老不死。すなわち老いることもなければ、死ぬこともない。それだけを聞くと、なんとも良いことのように思えなくもない。老いず死なず、ということは寿命がないということになる。言うなれば、時間の制限を受けることのない身分になるということだ。やりたいことがあったら、いつでもやることができるのだ。今日やれなかったら、明日でもよい。そして明日がだめなら……時間はいくらでもある。そうやって考えると、ずいぶんと気が楽になるのも確かだ。焦ることも慌てることもないのだから、のんびりと日々を過ごせるに違いない。

しかし冷静に考えてみれば、そんなに楽しいことばかりではないのが、この世界の現実ではないだろうか、残念なことかもしれないが。例えば、やりたいことをやるだけの時間が限りなくあったとしよう。そうだとしても、あるのは時間だけで、お金は保証されていないのだから、やりたいことをやるためのお金を稼がないといけない。不老だから永遠に定年にたどりつかないわけで、つまり永遠に年金を払い続けるだけで、いつまで経っても年金をもらうことはできないのである。当然、定年退職を迎えることはないので、退職金を手にすることもできない。どれだけ働いて、どれだけ積み立てても、返ってこないのである。まぁ、途中で退職すれば話は別だろうが、いつかまた働かないとならない。つまりは、これを永遠に繰り返さなければならない。そうだとすれば、世の多くの人々にとっては、これは苦痛以外の何ものでもないだろう。

さらに悪いのは、自分が不老不死になったとしても、周りはそうではないかもしれないということだ。自分以外のすべてが年老いて死んで行くのを見送らなければならない。これを永遠に繰り返さなければいけないとしたら、間違いなく死を望んでしまうだろう。だが、不老不死である限り、それだけはかなわないのである。もはやこうなると生きていることが死ぬことよりも忌まわしいものになるだろう。それでも生きなければならない。自分が世界にたった一人取り残されたとしても、それでも生きている。やがて地球の寿命が尽きて……不老不死は果たして地球の寿命を超えることができるのか。もしそうだとしたら、何もない空間を永遠にさまよい続けることになるのだろう。希望も何もあったものじゃない。

だが幸いなことに、神が我々に与えられたのは、不老不死ではなく、永遠のいのちである。イエス・キリストはこう語っている。「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。わたしに彼らをお与えになった父は、すべてにまさって偉大です。だれもわたしの父の御手から彼らを奪い去ることはできません。」(ヨハネの福音10章28~29節)

人は誰でも、イエスの行われるわざを見て、また彼ののことばを聞いて、彼が神から出た者であることを信じるのであれば、永遠のいのちを得ることができるのだ。これは、イエスの意思でもあり、イエスを遣わした神の意思でもあるのだ。それを裏付けるかのように、イエスはこのように宣言している。「わたしと父とは一つです。」(同30節)

それでは神が与える永遠のいのちは、私が考えるところの不老不死とはどのように違うのだろうか。人は、誰でもこの世に生きている限り、老いと死から逃れることはできない。これは人がこの世に誕生したときから定められている。それがいつ来るのかは誰にも分からないが、来ることだけは分かっている。このことは、聖書にも書かれている通りだ。「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている……」(ヘブル人への手紙9章27節)

これが不老不死との違いである。神の与える永遠のいのちは、一度死んだ後に与えられるものなのだ。また聖書には、このように書いてある。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」(黙示録21章3~4節)

永遠のいのちを得るということは、神と人とが共存し、死も悲しみも嘆きも労苦もない世界に住むことなのである。苦痛と悲しみと絶望にたどり着くような不老不死とは大違いである。

本当に、そのような「永遠のいのち」があるのだろうか。それを証明することは私にはできない。ただそうであると信じることで、先々のことを考えても不安や心配に押し潰されないで、過ごせることができるのは確かなことである。

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ