カテゴリー : 使徒の働き

テオピロへ 46・終

パウロたちが島に漂着してから三ヶ月経った頃、島の港で冬を過ごしていた別の船が出帆することになった。そしてパウロたちもその船に便乗することにした。船を乗り継いで彼らはようやくのことローマに到着することができた。ローマでの彼の待遇はすこぶる良かったらしい。彼は一人で住む家を与えられ、囚人として牢屋に拘束されることもなかった。彼は一人の自由な人間として生活することを許されたのだった。そればかりか警護の兵士も与えられたというから、まるで貴賓のような扱いである。いや、それとも本当のところは、彼を見張っておくための口実だったのであろうか……などと疑ってはきりがないだろう。しかし冷静に考えてみれば、パウロは自らの意志に反して無理矢理にローマに連れてこられたのではなく、彼から望んでやってきたのである。そのような彼がこの期に及んで、逃亡することなどまずなかったに違いない。それどころか、一部の熱心なユダヤ人たちがパウロの命を狙っていたことは、ローマ人でも気付いていたに違いない。そうすると、やはり純粋にパウロの身の安全を守るために、兵士が彼のそばにつけられていたのだろう。

ローマについて三日経った頃、パウロはローマに住んでいたユダヤ人たちのうちで主だった人々を呼び、自分はユダヤの民や律法に逆らうことは何一つしていないことを訴えた。ところが、彼らはパウロの話を聞いても彼を追及するようなことはしなかった。彼らが言うには、エルサレムからパウロについての知らせは何も届いていないということだった。またエルサレムからやってきたユダヤ人たちも、パウロについて悪く言う者は誰もいないということだった。もっとも、パウロが伝えようとしているナザレの一派の教えていること、すなわちキリストの福音については、各地で非難の的になっているとの噂を聞いたことがあると彼らは言った。
続きを読む

テオピロへ 45

陸地を目前にしてパウロたちを載せた船はとうとう座礁してしまった。囚人たちが逃亡するのを恐れたローマの兵士たちは、彼らを殺そうとしたが、パウロの言葉を憶えていた隊長は焦る兵士たちに剣と槍を鞘に収めさせた。そして隊長は人々に、泳げる者は海に飛び込み陸地に向かうように命じ、また泳げない者は板きれや荷物の残りなど、何でもいいから浮くものに捕まって陸地に行くようにと言った。そしてパウロが言ったように、いや、神ご自身が約束されたように、誰一人として命を落とす者がいなかった。

彼らが漂着した島の住人たちは彼らに対して親切であったとルカは書いている。それにしても考えてみれば、何とも風変わりな集団が流れ着いたものである。船乗りたちが遭難し浜に辿り着くのは珍しいことではなかっただろうが、ローマの兵士の一団に、囚人たちである。もっとも善良な島民たちには彼らが誰であるか知りようもなかっただろう。荒れ狂う波に揉まれ、幾日も潮水に濡れ、彼らが身に付けていたのは襤褸同然であったろう。彼らを見ただけで、誰が船員で誰が兵士で誰が囚人であるかは、判断することができなかったろう。
続きを読む

テオピロへ 44

ローマ皇帝に上訴することを望んだパウロは、他の囚人たちと共にローマへ向かう船に乗せられた。この旅にはルカも同行することになったようだ。もしかしたら、他の信徒やパウロの友人たちもいたかもしれない。なぜ囚人たちを乗せた船に彼らが一緒に乗船できたのか、なぜ彼らが同行することを許可されたのか、考えてみれば不思議なことである。しかし今までのことを考えてみれば、何とはなしに納得もできよう。

ローマの人々はパウロに対してどちらかというと好意を持っていたようだ。彼らの目には、パウロは彼の同胞であるはずのユダヤ人たちから不当に恨まれているように映ったことだろう。彼らにしてみれば、パウロは何の罪も犯していないのに、あたかも極悪人であるかのように恨まれていたし、何よりユダヤの王であるアグリッパでさえも、彼に何の非も見出せなかったのである。パウロに同情こそすれ、彼を憎悪する理由は何もなかったのだ。
続きを読む

テオピロへ 43

パウロが話し終えると、アグリッパ王はこう言った。

「君はほんの少しの時間に話したわずかな言葉で私をキリスト者にしようというのか。」
続きを読む

テオピロへ 42

パウロが牢獄に留められたまま、月日は流れていった。ルカの手紙を読んでいると、つい最近の出来事のように感じられてしまうが、改めて考えてみると、しばらく前のことなのだと思うと、なんだか妙な気持ちになってしまう。

いつになったらパウロの行く末が決まるのかと思っていたら、ローマ総督が交代することになってしまった。聞いたところによると、何やら政策の上で過ちを犯してしまい、処罰を受けることは免れたものの、総督としての地位を失ってしまったということらしい。
続きを読む