カテゴリー : 創世記

私たちを導く神

ゴシェンの地に移り住んでからも、ヤコブとその一族は子孫を増やし、やがて多くの富を得るようになった。もとよりヤコブは相当エジプトへ来た時、すでに百三十歳であった。十七年経った頃、とうとうヤコブは病で倒れてしまった。知らせを聞くが早いか、ヨセフは二人の息子を連れて父を見舞いにやってきた。枕元に立つヨセフに、ヤコブは神から与えられた祝福について語って聞かせた。「全能の神がカナンの地ルズで私に現われ、私を祝福して、私に仰せられた。『わたしはあなたに多くの子を与えよう。あなたをふやし、あなたを多くの民のつどいとし、またこの地をあなたの後の子孫に与え、永久の所有としよう。』」(創世記48章3~4節)

おそらく彼は自らが受けた祝福と同じものを最愛の息子に与えようと思ったのだろう。神の約束、神の恵みはこうして親から子へと受け継がれるということなのかもしれない。ところで、なぜ長男のルベンではなく、下から二番目のヨセフにこのような祝福を与えたのだろうか。ヤコブが息子たちの中で彼を一番愛していたというのは分かっているが、それだけだろうか。考えてみると、それだけではないような気がする。
続きを読む

神の示す道

兄弟たちと再会したヨセフの喜びの声は、席を外していた人々にも聞こえたに違いない。噂は瞬く間に広がり、エジプト王の知るところとなった。王はヨセフに家族を呼び寄せることを認めた。そればかりか、食料そして乗り物も提供してくれた。

カナンに戻ってきた息子たちに、エジプトでの一部始終を聞かされたヤコブは、ここ何年間も見せたことのない顔を息子たちに見せたことだろう。
続きを読む

神と過ごす時間

兄たちが末の弟をかばう姿を見て、ヨセフは兄たちが変わったことを強く実感したのだろう。兄たちへの懐かしさ、弟と再会した喜びに満たされ、とうとう彼は感情を抑えることが出来ずに、エジプト人の召使いたちを下がらせると、泣き出してしまった。「恐れることはありません。私はあなた方がかつて奴隷として売ったヨセフです。お父さんは元気にしていますか。」

彼らは我が目と耳を疑ったことだろう。かつて自分たちが痛い目に遭わせた弟が、目の前で大国の権力者として立っているのだ。一瞬自らが処刑される場面がよぎったかもしれない。大変な恐れを感じたかもしれない。気を失いそうになったかもしれない。でも冷静に考えてみると、なんで泣くのだろうか不思議に思ったことだろう。
続きを読む

後悔と改心

思えば、ヨセフと離ればなれになってしまってからというもの、ヤコブの身の回りでは良くないことばかり起きているのではないか。飢饉に見舞われたと思ったら、食料を買いに出掛けた息子たちの一人、次男のシメオンが捕虜として捕らえられてしまった。そのうえ彼の大事な末っ子を連れてこなければ、シメオンを帰さないとエジプトの大臣から脅されているのだ。もしかしたら何かしら良いこともあったかもしれないが、どうにも悪いことばかり目立ってしようがない。人というのは悪いことに目が向いてしまうものだ。

さて、エジプトから帰ってきた息子たちはヤコブに末っ子のベニヤミンを連れて行きたいと願い出た。父親としては不安でしかたがない。だからといって、ベニヤミンを手元に残しておけば、捕らわれているもう一人の息子も帰ってこない。いくら悩んだところで、答えはでない。ヤコブは嘆いて言った。「あなたがたはもう、私に子を失わせている。ヨセフはいなくなった。シメオンもいなくなった。そして今、ベニヤミンをも取ろうとしている。こんなことがみな、私にふりかかって来るのだ。」(創世記42章36節)
続きを読む

神の御心、神の哀れみ

そもそもヨセフが兄たちに疎まれることになった原因の一つは、彼の見た夢だった。彼が兄たちを支配するようになると、そう意味するかのようなヨセフの話に、腹を立てたのだ。それから何年か経ち、紆余曲折を経て、ヨセフは王に等しい程の権力者となった。とは言っても、兄たちはまだ彼に膝を屈めてはいない。しかし、ヨセフの夢の解釈は的中することが多い。それというのも神御自身がまず彼に解き明かすからだった。

神は不思議をなされるお方であることを忘れてはなるまい。そして神は一度始められたことは最後までやり遂げるお方なのだ。
続きを読む