タグ : エズラ記

神殿の主

イエス・キリストがこの地上に住んでいた時、いや、実際にはイエスがこの世界に神のひとり子として誕生する、そのはるか昔から、エルサレムは神殿の都として知られていた。最初に神殿を建てたのはソロモン王であった。それはイエスの誕生をさかのぼること千年ほど前のことだった。ソロモン王の神殿は神の幕屋を模して作られていた。ところで神の幕屋とは、イスラエルの民がモーセに導かれて荒野をさまよっていた頃、神がモーセに命じて作らせたのが始まりであったが、そこはこの地上において、神が存在する場所であった。それほどに神聖な場所ということだ。

それから数百年経て、バビロニア王国が攻めてきたときに一度神殿は破壊されてしまった。しかしながら、やがてペルシアのクロス王によりその再建が認められ、イスラエルの民は再び神殿を建てることができた。旧約聖書にはこのように書かれている。「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜わった。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」(歴代誌Ⅱ36章23節)それはイスラエルの民に、再び自分たちの国に戻り、神を礼拝する自由が与えられたことでもあり、彼らはもはや外国の捕らわれ人ではないということを意味していた。その知らせを伝えられた人々の様子がこう記録されている。「そこで、ユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち、すなわち、神にその霊を奮い立たされた者はみな、エルサレムにある主の宮を建てるために上って行こうと立ち上がった。」(エズラ記1章5節)そして人々が集まり神殿の礎が据えられると「彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、『主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。』と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。」(同3章11節)
続きを読む

エズラの持っていたもの

遠い昔、エズラと言う男がいた。エズラが何者であるかは、私があれこれと説明するまでもあるまい。聖書にこう書いてある通りである。「エズラは、主の律法を調べ、これを実行し、イスラエルでおきてと定めを教えようとして、心を定めていたからである。……エズラは、主の命令のことばと、イスラエルに関する主のおきてに精通した学者であった。」(エズラ記7章10~11節)分かりやすく言うのであれば、彼は聖書のことばに通じていたということだ。とは言っても、それのどこが特別なのであろうか。彼の前にも神のことばに通じていた人々、とくに祭司たちがいたわけだが、なぜ彼に限っては後の世にまで、聖書の中の一冊の書の題名として彼自身の名を残すことになったのだろうか。

もっとも聖書と言っても今のように完成した一冊の書物ではなかっただろうが、イスラエルの民なのだから、神のことばをある程度知っていたとしても不思議ではないだろう、と考えてしまいそうになる。そう考えるとエズラの他にも聖書に通じていた者はいたのではないかとも思えてくるのだ。が、どうやら現実はそうでなかったかもしれない。もっともこれは私の憶測でしかないだが……イスラエルの民は長いこと外国で暮らしていたのである。二年とか三年などというものではない。アッシリヤに拉致された人々は何百年もの年月を異国で過ごしたのである。果たしてそのような状況に置かれたとして、人々は先祖代々伝えられてきたものをいつまでも持ち続けることができただろうか。今とは違って記録する媒体や伝える手段の限られた時代のことである。困難を極めたことだろう。
続きを読む

クロスの政策

遠い昔、クロスと言う男がいた。クロスと聞くと、まず思い浮かぶものは十字架かもしれない。しかしながら、今回登場するクロスとは十字架のことではない。冒頭にもあるように人の名前である。何者の名前かというと、ある王の名前である。王というと、サウル、ダビデ、ソロモンと今まで見てきたので、その流れでイスラエルの王かと考えてしまいそうになるが、実はイスラエルの王ではなくてペルシヤの王である。それにしても、どうしてここに来て外国の王が出てくるのだろうか。それはこの王がイスラエルの民に善を行ったからである。もっともクロスが舞台に上がってくるのはソロモンの時代から数百年ほど経った後のことであるが。

さてソロモンの後にイスラエルの王になった者は誰だったかというと、実は二人いた。ひとりはソロモンの家来であったヤロブアムであり、もうひとりはソロモンの子レハブアムであった。これがきっかけとなりイスラエルは分断され二つの王国にわかれてしまったのだ。それぞれの王国は異なる王によって治められるようになった。それらの王が神の前に正しく歩んだのであれば何も問題になるようなことはなかったのだが、時間の経過とともに王も国民も神から離れてしまうようになった。もちろん神の教えに従って、神の望むところを行う王もいたことにはいたのだが、やはり神を顧みることもなく国民を誤った道へ導く王が多かったのも事実だ。よもや義なる神がいつまでもこのような状況を看過されることはなかった。まずヤロブアムが興した王国がアッシリヤによって攻められ、国民は捕虜とされてしまった。その後百数十年経った後、こんどはレハブアムの興した王国がバビロンによって滅ぼされてしまい、やはり国民は捕虜として連れられていってしまったのだ。これが世界史の授業でもならった「バビロン捕囚」という事件である。
続きを読む