タグ : エルサレム

エルサレムのために泣く

人々に歓迎されながら、イエス・キリストはエルサレムにやってきた。人々が喜びに満たされて大声で神を賛美しながら彼を迎える中、彼は何を思っていただろうか。彼の心はどのように感じていたのだろうか。人々に歓迎されることに喜びを感じていただろうか。ようやくエルサレムにたどり着いたという感慨にふけっていただろうか。彼の顔に浮かんでいたのは笑みだったろうか。彼の口から出たのは、安堵の溜息だったろうか。その時のイエスの様子が、聖書にはこのように書かれている。「エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて」(ルカの福音書19章41節)

エルサレムの都より少し高いところにあるオリーブ山から、繁栄を誇り、多くの人々が暮らしている都を眼下に見て、イエス・キリストはその都のために泣いたのだ。イエスのそのような様子を見た人々は、もしかしたら彼が感動して涙を流しているのか、そう思ったかもしれない。しかし今までのことを振り返ると、はたして彼が感動して涙を見せたことがあっただろうか。イエスが前に涙を見せたのは、ラザロが死んだときのことだった。その時の涙は、霊の憤りを覚え、心の動揺を感じたからではなかったか。(ヨハネの福音書11章33、35節)彼の心を動かすものは喜びなどではなく、むしろ悩みや苦しみや心配と言った、おおよそ好ましくない感情によることの方の方が多いのではないだろうか。
続きを読む

神殿の主

イエス・キリストがこの地上に住んでいた時、いや、実際にはイエスがこの世界に神のひとり子として誕生する、そのはるか昔から、エルサレムは神殿の都として知られていた。最初に神殿を建てたのはソロモン王であった。それはイエスの誕生をさかのぼること千年ほど前のことだった。ソロモン王の神殿は神の幕屋を模して作られていた。ところで神の幕屋とは、イスラエルの民がモーセに導かれて荒野をさまよっていた頃、神がモーセに命じて作らせたのが始まりであったが、そこはこの地上において、神が存在する場所であった。それほどに神聖な場所ということだ。

それから数百年経て、バビロニア王国が攻めてきたときに一度神殿は破壊されてしまった。しかしながら、やがてペルシアのクロス王によりその再建が認められ、イスラエルの民は再び神殿を建てることができた。旧約聖書にはこのように書かれている。「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜わった。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」(歴代誌Ⅱ36章23節)それはイスラエルの民に、再び自分たちの国に戻り、神を礼拝する自由が与えられたことでもあり、彼らはもはや外国の捕らわれ人ではないということを意味していた。その知らせを伝えられた人々の様子がこう記録されている。「そこで、ユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち、すなわち、神にその霊を奮い立たされた者はみな、エルサレムにある主の宮を建てるために上って行こうと立ち上がった。」(エズラ記1章5節)そして人々が集まり神殿の礎が据えられると「彼らは主を賛美し、感謝しながら、互いに、『主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに。』と歌い合った。こうして、主の宮の礎が据えられたので、民はみな、主を賛美して大声で喜び叫んだ。」(同3章11節)
続きを読む