タグ : コリント

この人を除け

ここ数年ほど、私の本を読むと言えばもっぱら歴史物や時代物ばかりである。どうやら私はあるジャンルの本を読んで気に入ってしまうと、ずっと同じような本ばかりを読んでしまうらしい。それも何年にも渡って読み続けてしまう。そんな私が中学生くらいの頃によく読んでいたのはSF物だった。今でもたまに、ふと読んでみようかと思うこともあるが、やはり時代物に手が伸びてしまう。一通り自身を満足させることができたら、またSFでも読んでみようか。

ところで英国の著名なSF作家、アーサー・C・クラークの書いたものに「幼年期の終わり」という作品がある。TVドラマ化されたものを、少し前にケーブルテレビで放映していたので、ちょっと懐かしくなって見てしまった。さて、あらすじの一部だけを紹介すると、物語は20世紀の最後から始まる。紛争などで人類が自らを破滅の道へと追い込んでいる時、宇宙人がやってきて人類を救うというものであるが、とある事情から、50年間は姿を現さずに特定の人間を通じてのみ、間接的に人類に介入するというものである。彼らは実質的な人類の管理者となり、彼らの指導のもと人々の生活は向上し、あたかもユートピアで生活をしているかのごとくであった。やがて50年が経過し、宇宙人が人間たちに姿を現すことになったのだが、その姿は人々を驚かせるものだった。地上に降り立った宇宙人の代表者は、頭には小さな角が生え、背中には革のように丈夫でしなやかそうな翼に、棘の生えた尻尾がある。そして人類の倍はある体を支えている足は、獣の蹄のように割れている。まさしく中世絵画に描かれている悪魔の姿そのものだった。というのが、前半部分である。物語はさらに続くわけだが、SFが好きであれば読んでみることをお勧めする。
続きを読む

同情する神

困った時の神頼み、人はそのように言うことがある。もし信仰の篤い人が聞いたのならば、そのような自分の都合で神を頼ろうとするのは本当の信仰ではないと、非難するかもしれない。また信仰を持たない人が聞いたのならば、努力を怠って他者にすがろうとはけしからんと、叱るかもしれない。時が良くても悪くても、神に感謝し賛美を捧げることが、真の信仰である。もちろん、その通りである。問題を解決する過程において、人は経験を積み新たな知識や知恵を得るのである。それもまた然り。そのようにして考えると、どうもこの「困った時の神頼み」という言葉には、良い印象を持つことができなくなってしまうのも、仕方のないことだろう。かく言う私自身も、この言葉がどうしても好きになれないのだ。

しかしながら、口に出すことはなくとも、誰しも胸の内では似たような思いを持ったことがあるだろう。困難に直面したときに、誰かに助けを求めたくなったことがあるに違いない。それが人というものではなかろうか。もちろん、そのような困窮して弱っている自らの姿を、実際に人に見せるかどうかはその人次第であろう。だがそうは言っても実際には、如何に神に感謝をしていようとも、またどれほど勤勉に日々過ごしていようとも、問題というのは避けられないものである。神への忠実な思いがあったとしても、またどれほど鍛練を積んでいたとしても、どうすることもできない事があるかもしれない。もはや万策尽きたとき、人は誰かに頼りたくなるだろう。頼る相手は、ひとそれぞれだろうが。
続きを読む

悪魔の誤算

悪魔と聞いて、まず思い浮かべるのは、色が赤黒くて、角が生えていて、尻尾の先が尖っており、鋭利な刃物のような爪をしたその手に三叉の槍を持った、いかにも恐ろしげで邪悪な怪物の姿であろう。絵画などでそのように表現されている場合が多いからだろうか、そんな姿を想像しやすい。ではその一方で、天使と聞いて、人は何を思い浮かべるだろうか。たぶん、真っ白い衣を着て、同じく真っ白い翼が生えており、頭の上には明るく輝く「天使の輪」を乗せていることだろう。いかにも柔和な存在を連想するに違いない。さすがに逆を連想する人はいないに違いない。天使は善い存在であり、悪魔は忌むべき存在として、実にわかりやすく表現されている。まさしくユニバーサルデザインのようなものか。

大勢の人がそのような印象を持っているであろうことを踏まえると、「光の御使い」と聞いた時に、人々はどのような存在を想像するだろうか。その名の示す通り、神々しく光り輝く、それこそ暗闇を明るく照らし、人々を導くかのような、そのようなすばらしい存在を連想するかもしれない。ところが、外見とは時にその内側にあるものを隠し、人を欺くことがあるということを忘れてはなるまい。「サタンさえ光の御使いに変装するのです。」(コリント人への手紙第二11章14節)すなわち悪魔はいわゆる悪魔らしい格好をして人々を怖がらせたりすることはない。だいたい悪魔の目的とは人々を神から引き離すことにあるではないか。それなのに自らが人々に嫌われるような姿形で、人々の前に現れるということはないであろう。だから悪魔は人を欺くために、人々が安心するような姿で現れるのだ。もちろん、文字通り光輝く天使として現れるというわけではないだろうが、つまりは人を油断させるためであれば、手段を選ばぬということかもしれない。
続きを読む