地上を歩いた神 8

さて、イエスはこのサマリヤ人の女性との会話の中で、彼女に自分が救い主であることを明かした。するとちょうどその時、買い物を終えた弟子達が戻ってきた。井戸の横で休んでいた自分達の尊敬するユダヤ人の先生がサマリヤ人と、しかも女性と話しているところを見て、彼らなりに不思議に思い、また驚いたのかもしれない。おかげで、何も言葉にならなかったらしい。さて、黙って突っ立っている弟子達を横目に、彼女は町の人々に救い主の到来を告げ知らせようと走って立ち去った。彼女にしてみれば、井戸端で声を掛けてきた見ず知らずのユダヤ人の男が、実は待ち望んでいた救い主であることを知らされ、しかも直接に口を聞いたことでさらに興奮の絶頂にあったようだ。持っていた水瓶をその場に置き忘れてしまったくらいである。彼女の姿が町の方に小さくなった時、ようやくのこと我に戻った弟子達が、イエスにこう言った。「先生、食べ物を買ってきました。食事にしましょう。」

弟子達も気の利かないことを言うものである。イエスがサマリヤ人の女性と話しているのを不思議に思ったのならば、それを聞くこともできただろうが、相手がサマリヤ人であり自分達がユダヤ人であることを考えて思いとどまったのか、遠慮したのか、それともサマリヤの人間のことなど口に出すのも忌まわしいと思ったのか…とにかく食事の話題しか口にしなかった。彼らにしてみれば「さっさとサマリヤの町から離れましょう」と言いたかったのかもしれない。
続きを読む

地上を歩いた神 7

イエスは弟子達を連れてガリラヤへと向かう旅の途中にあった。おそらく時刻もすでに夕刻であり、加えて徒歩による旅からの疲れが溜まったのだろう。イエスとその一行は、サマリヤ地方の町スカルの近くにある井戸端で休むことにした。イエスは弟子達を食料品を調達させるために近くの町に送り出した後、一人で腰を下ろして休んでいた。

ところで、イエスとその弟子達はユダヤ人であったのだが、彼らユダヤ人はサマリヤ人と大変に仲が悪かったのである。どちらかというと、ユダヤ人の方が、一方的にサマリヤ人を軽蔑していたという。そのような理由もあって、おそらく弟子達は距離があっても、ユダヤ人の町まで買出しに行ったのかもしれない。さて後に残ったイエスは、待てど暮らせど彼らが戻らないので、喉が渇いてしようがなかったことであろう。井戸の近くにいることはいたのだが、何も持っていないので、水の汲みようがない。誰かに水を汲んでもらうしかないのだけれど、明け方ならその日の水を確保するために人々が集まったかもしれないが、まさか日が沈み掛かっている時分に水を汲みに来るような人がいるのか怪しい。とにかくイエスは待つことにしたのである―思えば、水から上等なワインを生み出し、病める人々を癒したことのあるイエスが、井戸を目の前にしながら、一杯の水も飲めずに指をくわえて待つ姿というのは、想像してみると面白いというか、妙に愛嬌があるように思え、親しみがわくというものだ。すると、ちょうどその時、一人の女性が現れた。
続きを読む

地上を歩いた神 6

ニコデモとの密会の後、イエスたちはユダヤ地方に赴き、人々に洗礼を授けていた。それと時を同じくして、かつてヨルダン川でイエスその人に洗礼を施したヨハネも、また別の地域で人々に洗礼を授けていた。さて、洗礼を施しているのが自分たちだけではないことを知ったヨハネの弟子たちは、自分たちの先生にそれを知らせた。

ヨハネの弟子たちにしてみれば、自分たちの師がやってきたことと同じことを別の人物がやっていることに、なにやら反発のようなものを感じたことだろう。ましてやイエスの方が自分たち以上に洗礼繁盛している様子まで聞いてしまったとしたら、さぞかし相手方のことが妬ましいというか、憎らしく思えたことに違いない。それだけでなく、自分たちの師であるヨハネが、噂のイエスに洗礼を授けたのであるから、その思いはなおさらであったろう。「そもそも最初にあの人に洗礼を授けたのは、私たちの先生ではないか。それなのに、なんであの人が洗礼を…しかも私たちよりももっと多くの人たちに洗礼を授けているというではないか。これは一体なんということだろう。」そう思ったとしても不思議なことではない。
続きを読む

地上を歩いた神 5

事実、聖書というのは実に難しいものである。初めて読んだ時と比べてみれば、今では若干理解度が深まったであろうことを願うが、それでもまだ悩まされるところがある。幸いなことに、神は我々にすべてを理解することを要求していないようである。そうは言っても、理解したいと思うのは人としての欲求の一つであろう。

イエスは神殿で騒ぎを起こした後、過ぎ越しの祭りの間エルサレムに滞在し多くの奇跡を行った。おそらく彼の噂はあっという間に広がったに違いない。さて、それからしばらく経ったある夜のこと、ニコデモという男がイエスのところにやってきたのである。彼は律法学者でもあり政治家でもあり、社会的地位のある人物であった。イエス自身が大工であり、その取巻きが漁師であったことを考えると、何とも不思議な光景であったことだろう。今で言えば閣僚が上京中の大工にこっそりと会いに行くようなものであろう。週刊誌の喜びそうなネタではないか。何やらいわくありげである。そのようなニコデモとイエスのやり取りがヨハネの三章には記録されている。そして、そのやり取りというものが、クリスチャンを十年以上やっている私を昔と変わらずに悩ませるのだ。もっとも今は表面的には理解できている。少なくともそれくらいは昔と比べて進歩しているのだろう。
続きを読む

地上を歩いた神 4

彼らが「先生」と仰いでいた人物が、水をワインに変えたことを知った弟子達は、ようやくのこと彼が只者ではないことに気付いたようである。おそらく彼らの中では「我々が先生と呼んでいるこの男は、一体何者なのだろうか」という畏れと疑問と興味が沸き始めたことだろう。ヨルダン川の流れでヨハネという不思議な男が「この方こそ神のひとり子であられる!」と宣言したのを目撃した弟子達は、どうやらその言葉の通りかもしれないとうすうす気付き始めたのかもしれない。彼らは期待を胸中に、イエスに従っていくのだった。

さて、婚礼の後、彼らは連れ立ってエルサレムへと上って行った。折から過ぎ越しの祭りが近付いており、エルサレムの神殿にはいけにえを捧げるために、諸地方より多くの人々が集まっていたに違いない。遠方から来る人々にとって、いけにえとするための動物を連れてくることはさぞかし手間のかかる旅路になったであろうことが想像できる。いつの頃かその様子を見てどこかの賢い人が、いけにえとする動物を商えば儲かるかもしれないと思いついたのだろう。やがて牛や羊や鳩といった動物を売る屋台が神殿に目立つようになってきた。そして次には、いけにえを購入する人々の為に両替をする店も出てきたのである。もっとも、そのような店ができた当初は、遠方からの巡礼者の利便を優先的に考え、良心的な商売をしていたのかもしれない。とはいっても人の欲というのは尽きないものであろう。やがて彼らは自らの売り上げを伸ばすことに目的を持つようになったに違いない。やがて神殿の周りには屋台がひしめき合い、商売人たちの客寄せの声が響くようになったのである。人々は神との和解を求めて神殿にやってくるのであるが、まず彼らを出迎えるのは、これらの屋台となってしまったのだ。神と人の間に割って入ったようなものであろう。そのような現場にイエスはやってきたのだった。
続きを読む