つまずかせない

しばらく前から浴室の蛇口の具合が悪かった。お湯を出すたびに蛇口の付け根のところから、少しずつ水が漏れてしまうようになっていた。最初はわずかだったけど、日を追うごとに漏れがひどくなってきたので、先の連休で時間ができたときに、修理することにした。今のマンションに越したときに蛇口を交換したからもう十数年も経過しているのだから、ゴムパッキンが相当に傷んでいるのだろうと思ってはずしたら、とんでもない!ゴムパッキンどころじゃない!蛇口の根本の、ちょうど配水管との連接部分がすっかりすり減って、半分くらい無くなっているじゃないか。これでは水が漏れても不思議ではない。

そんなわけで、近所のホームセンターに新しい蛇口を買いに行ってきた。水回りをいじるついでに、まだ傷んでいるわけではないが水栓のゴムパッキンも交換しようと、それも一緒に買ってきた。蛇口なんて安いもんだろうと思ったけど、結構するものだ。さておき、帰ってくるなりさっそく水道の元栓を閉めて、蛇口一式、お湯と冷水の水栓のゴムパッキンを交換だ。緩んでいないことを確認して、元栓を開く……我が家の浴室の水道の元栓は玄関の外にあるので、わざわざズボンをはかないといけないので面倒だ。改めて浴室に戻りお湯を出してみるが、蛇口の根本から水が漏れていないことを確認。無事に作業は終わったようだ。だが、しかし、である。二日三日経った頃から、今度は蛇口の先から水がぽたぽたと漏れるようになってしまった。いくら栓を閉めても、止まらない。一週間もしないうちにぽたぽたどころか、途切れることなくちょろちょろと水が漏れるようになってしまった。水栓のパッキンは変えたばかりなのにおかしい。ということで、改めてパッキンを締め直して様子を見ているが、どうやら今度は問題ないようである。それにしても、水栓が少し固いようである。栓そのものを交換した方がよいのかもしれない。そのうち時間を見つけてやるとするか。
続きを読む

永遠のいのちの値段

「お金で幸せを買うことはできない。」(”Money can’t/doesn’t buy happiness.”)ということを耳にすることがある。正直言うと、貧乏人の負け惜しみのように聞こえてしまい、私はあまり好きなではない。それはさておき、この言葉は果たして真実を表しているのだろうか……とは言っても、幸せが何であるかは人によって異なるだろうから、一概に答えることはできないだろう。日本の話ではないが、これについて真面目に研究したところもあるそうだが、残念ながら、これもあまりあてにはならないだろう。これが事実であるという立場からすれば、そのための証拠をあれこれと出してくるだろうし、その反対もまた然りである。議論の内容が漠然とし過ぎているのだ。

ところで、これはあくまでも学説のひとつであって、参考にしかならないだろうが、アメリカの心理学者アブラハム・マズロー博士の提唱する欲求段階説によると、人間の欲求(“needs”)には五段階あるという。欲求と訳されてはいるが、”needs”と原文に書かれているからには、単なる「欲望」ではなく「必要性」という意味合いも含まれているのだろうから、その前提で考えてみる。この五段階であるが、一番低い段階からそれぞれ、生理的欲求(衣食住の確保)、安全の欲求(安定した経済生活、医療の保障、事件事故からの安全策)、社会的欲求(社会的役割の維持、人間関係の確立)、尊重の欲求(他者からの尊敬、自己信頼による自立と自由)、自己実現の欲求(自己の可能性を認識し、最大限に活用できる存在となること)とあるそうだ。それを考えると、金で幸せになることができるかどうかは別として、金があれば五段階のうち自己実現を除いた四段階までは得ることができるだろう。(当然ながら、手元の金を賢く使うための知恵と努力が必要なのは言うまでもないが。)さらに考えると、自己実現の欲求を満たすことができていれば、金を持っていることにさほどの意味を見出さなくなっているかもしれない。もし私がこの言葉の真偽を問われたとしたら、私は「八割までは偽りである」と答えるに違いない。
続きを読む

律法の価値

金は諸悪の根源などというが、元来、金は悪いものではないはずだ。絶海の孤島でひとりで生活するのでもなければ、金は必要なものである。厄介なのは、金は人を惑わすということであろう。最近は、何かと金銭をめぐるニュースが多い。つい先日の福岡の事件などは、その最たるものであろう。3億8千万円の強奪事件である。闇は深いというか、何かと胡散臭いこと尽くしの事件である。まず29歳の東京都の会社員が福岡まできて、現金でこれだけの金額を用意したというだけでも不思議である。それを一人で銀行から車まで運んでいたときに奪われたというからさらに謎は深まる。ちなみに1万円札の重さは約1グラムであるという。そうすると、3億8千万円は38キログラムになる。それをスーツケース二つに分けて運んでいたというから、ひとつあたり少なくとも20キログラムはあったに違いない。貴金属を買い付けのための資金だそうだが、どうやら個人取引の場合で、なおかつ貴金属を換金するのでもなければ、通常は現金での取引はないらしい。また大金を運ぶ時は、複数人での行動が基本であるという。彼を派遣した東京の会社は危機感がないのか、それとも何か現金で取引しなければいけない理由でもあったのか、はたまた数億円程度ならうっかり盗まれても痛くも痒くもないほどの資金力を持っているのか……考えれば考えるほどに謎は深まる。どうもここまでくると、陰謀論者でなくとも、あれやこれやと勘ぐってしまいたくなる。

その直後に、大金を所持した韓国籍の男性数人が福岡空港で身柄を拘束されたという。容疑者かと思いきや、調べてみるとこの男性らが犯人ではなかったそうだ。というのも、なんとびっくり、先の強盗事件の被害額を大幅に上回る7億円ほどの現金を所持していたからだそうだ。ということで、別の容疑で彼らは逮捕されたとのことだ。この二日間で、怪しげな金が10億円ちょっとも動いていたことになる。年末ジャンボ一等前後賞の賞金額をちょっと上回る、庶民の私からすれば、まずどうやっても一生拝むことのできない金額である。
続きを読む

わたしは、よみがえりです

今さら言うようなことでもないかもしれないし、もしかしたら前にも言ったことがあるかもしれない。でも、この時期になるといつも思うことがある。私はクリスマスよりもイースターの方が好きだ。ついでに言うと、イースターと書くと、どうも言葉の持つ重みというか、本来の意味が薄れてしまうようで、これもまたあまり好きになれない。というよりも、もしかしたら日本の場合に限定されることかもしれないが、イースターの意味も分からずに、ただ形骸化しただけの玉子やうさぎに象徴されるイベントのみを世の中が受け入れているように思えて、どうも気に入らない。だから私にしてみれば、復活祭と呼ぶ方がまだ好ましく思えるのである。もっとも、それではあまりに意味が直接的な気もするし、やはり世の中としては受け入れがたいのかもしれないが。

ともあれ、なぜ私はクリスマスよりも復活祭の方が好きなのか。それは、クリスマスに特有のどこか浮ついたかのような、にぎやかさというか騒がしさがないからだ。クリスマスプレゼント、クリスマスツリー、クリスマスパーティー等々クリスマスという言葉を頭にした言葉や、クリスマスを理由にした物事は数多くあるが、復活祭、もしくはイースターという言葉を頭にしたものは少ないし、それに関わる物も少ない方だろう。考えてもみれば、イエス・キリストがこの世に生まれた日も、多くの人々にとっては他の日と同じ、つまりいつもと変わらぬ日常だったに違いない。同じように、彼が墓場からよみがえられた日も、安息日ではあったが、やはり多くの人々にとっては他の安息日と何にも変わらぬ日であったろう。それを思うと、祭りの熱に浮かされたような空気の感じられないなかで過ごせる復活祭は、どこか私を安心させるのである。
続きを読む

不正の勧め

いつになったら咲くのだろうかと思っていると、知らないうちにあっという間に咲いてしまうのが桜の花ではないかと、最近よく思う。毎日の通勤電車から花をつけていない桜の木を見て、今年の開花予想はいつだったかとか、この桜はいつになったら花が咲くのかなどとその時は考えてみるのだけれど、時間が経つとともに、日々のあれやこれやに気を取られてしまい、しばらく気にかけていないと、ふと気が付いた時にはすでに満開になっていたりするのだ。それならまだしも、まだ咲いていないと思っていた桜の木が、次に見たときにもあまり花をつけていないと、なぜだろうかと改めて見れば、すでに散り始めていた……ということもある。

さて、これは私の個人的な感想であるが、桜の花というのは、よく晴れた日の青空と緑の下草を背景にしたら、よく見栄えがするものだと思う。これぞ待ち望まれた暖かい季節の到来、寒い季節との決別を象徴する景色のようである。ところが、時々雨が混じる曇り空の下、ビルの林立する街並みのなかでは、映えないどころかみすぼらしく見えてしまうのだ。私が色弱だからなおさらなのかもしれないが、日の当たらない色彩の乏しい場所にあると、桜の花が本来の桜色ではなく灰色に見えてしまうのである。茶色なのか黒色なのか分からない枝に灰色の花が咲いていたとしても、それはあまり魅力的なものではない。人によっては春らしい風景を見るのかもしれないが、私の目には鮮やかさを失った景色としか映らないのである。同じものを見ても、見る人によって、その印象というのは変わってくるものなのであろう。
続きを読む