豚に真珠

豚に真珠、日頃から使われている言葉なので今さら説明する必要もあるまい。以前にも書いたことがあるが 、この慣用句の語源は聖書にある。事実、手元にある小学館の大辞泉にも《新約聖書「マタイ伝」第七章から》としっかりと書いてある。イエスのことばを引用するとこうである。「豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。」(マタイの福音7章6節)

先ほどの大辞泉での解説によると「貴重なものも、価値のわからない者には無意味であることのたとえ」と いうことで、あながち間違いではないだろう。人間にとって真珠は価値があるかもしれないが、豚にしてみればそれは何のありがたみもないものだ。ありがたみを感じないどころか、それをないがしろにしてしまうことだろう。豚と会話することができないから本当のところは分からないが、餌が欲しい時に真珠などを出されたとしても、豚にしてみれば迷惑この上ない。何の腹の足しにもならない真珠よりは、私たちが残した「残飯」をありがたがるに違いない。人間だって腹が減ってれば気が立つものだ。ましてや本能に基づいて行動する動物なのだから、餌を手に入れるための手段は選ぶまい。豚に真珠を出したら、踏みつけられるだけならまだしも、私たちに襲いかかってくる可能性もないとは言えまい。豚というと、ブヒブヒと鳴きながら愛嬌のある顔こちらに向ける姿を連想してしまうが、ひとたび人間を敵として認識すると、文字通り「猪突猛進」してくるらしい。何でも豚に襲われて命を落とす人もいるというくらいだから、この聖書のことばは誇張されたものではないだろう。

私たちが価値を見いだすからと言って、それが人にとって同様の価値を持つとは限らないということである 。また人が価値を見いだすからといって、それが私たちの求めるものでもなければ、欲するものでもないこともあるだろう。人にはそれぞれの価値観があり、必ずそれらが一致するというわけではない。

それではイエスはこのたとえで何を弟子たちに伝えたかったのだろうか。豚と真珠の話の前にはイエスはこ う言っている。「聖なるものを犬に与えてはいけません。」(同6節)

聖なるものを犬に与えるな、真珠を豚に与えるな……何となく言わんとしてることは分かるのだが、さて聖 なるものとは一体何であろうか。参考までに旧約聖書を見ると「聖なる」という形容は神の存在と深く関わりがあるようだ。例えば創世記を読むと、神が天地創造における七日目を「聖であるとされた」と記述されているし、その後に続く出エジプト記では、モーセが神の山と呼ばれていたホレブへやって来たときに「あなたの立っている場所は、聖なる地である」と言われたと記述されている。「聖なる」というのは神の性質、神の存在を示すのために使われていると言えるだろう。聖なるものを言い換えるのであれば、神のもの、神に属するものを示していると言えよう。つまり、神のものを犬に与えてはならないということであろうか……。まぁ、確かに豚に真珠の価値が分からないように、犬に聖なるものの意味が分かるとは思えないが。

しかしこれではイエスの言いたいことが、まだはっきり見えてこない。イエスから直接この話を聞いた弟子 たちも果たしてどの程度理解できたことであろうか。もしかしたら私同様に「貴重なものをその価値を分からないものに与えるな」という程度にしか理解していなかったかもしれない。残念ながらイエスもこれ以上のことを説明していない。いつ読んでも、ここは私を悩ませるのである。

そこで説明がなければないで、自分で考えてみるしかないであろうと、あれこれ思案してみるのだが、思い つくところは、聖なるものをその価値の分からぬ者に与えるなということになる。しかしながら、それでは地の果てまで神のことばを伝えなさいというキリストの教えとは相反するものになってしまう……どうやら私の解釈は間違っているようだ。

などとあれこれと答えの分からないことに頭を悩ますよりも、信仰者としてキリストの福音が世界の隅々に まで伝えていくことを優先すべきなのかもしれない。私たちが価値を見いだす福音を人々がどう受け取るかは分からない。しかし伝えなければ相手もそれを判断することができないであろう。