哀れみから怒りへ

イエスは弟子たちと共にガリラヤ諸方をめぐり、会堂を訪ねては福音を語り、また悪い霊を追い出していた。ここには書かれていないが、おそらく病気で困っていた人々を癒やされていたに違いない。その頃にはイエスの噂も広まっており、多くの人々の知ることになって、病いに苦しんでいた人々は彼のもとにやってきたことだろう。それを連想させるような、ひとつの出来事が聖書には記録されている。「ひとりのらい病人が、イエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。『お心一つで、私はきよくしていただけます。』イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。『わたしの心だ。きよくなれ。』すると、すぐに、そのらい病が消えて、その人はきよくなった。」(マルコの福音1章40〜42節)

この場面を頭に思い描いてみると、らい病の男がキリストなら病を治してくれると信じて、助けを求めてきたとも考えられないこともないし、まじめなクリスチャンであればそのように考えるのが普通なのかもしれない。しかし私のように冷めた見方をすると、もしかしたらこの男はキリストが病を癒やす力を持っているという噂を聞きつけて、ただ単に藁にもすがる思いでやってきただけなのではないかと考えてしまうのだ。仮にもそれが事実であったとしても、それが間違っていると言うわけではない。理由やきっかけがどのようなものであれ、結果としてキリストを求めることは正しい。この男に信心の欠片もないように書いているが、それはキリストが神の子であることに対する信仰であって、もしかしたら彼にはキリストを「奇跡の人」としては信じていたかもしれない。いや、おそらくそうであろう。でなければ、イエスの前にひざまずいて願うこともなかったはずだ。

さてここでちょっと興味深いのは、男を癒やした後にイエスが言ったことである。聖書にはこう書かれている。「そこでイエスは、彼をきびしく戒めて、すぐに彼を立ち去らせた。そのとき彼にこう言われた。『気をつけて、だれにも何も言わないようにしなさい。ただ行って、自分を祭司に見せなさい。そして、人々へのあかしのために、モーセが命じた物をもって、あなたのきよめの供え物をしなさい。』」(同43〜44節)

哀れんで癒やした相手に厳しくなるというのは、ちょっと腑に落ちない。そればかりか、戒めたという言葉には、息を荒げて叱責するくらいのきつい意味があるという。何となく矛盾していることのようである。イエスはこの男を哀れむ一方で、男に対して憤りを覚えていたことになる。また彼は男に祭司のところに行って見てもらい、また供え物をするようにとも命じている。癒やされたのであれば、それだけで十分ではないかとも思われる。少なくとも今まではそうだったではないか。何というか、いずれにしてもイエスらしくないようにさえ思われる。

もっともイエスにはそれなりの理由があったのだろう。とは言っても、これ私の考えでしかないが。つまり祭司に見せることによって、癒やされた男自身の言葉によってのみではなく、権威ある第三者によって男が癒やされたという事実を明らかにさせ、また旧約聖書のレビ記の内容に則って供え物をすることにより、モーセの律法を重んじていることをはっきりさせたかったのかもしれない。すなわちキリストは奇跡を行うだけの存在ではなく、律法を全うするために来られたということを暗に示しているのではないか。

ところで癒やされた男はイエスの言いつけを守っただろうか。残念なことに、男はイエスから厳しく命じられていたにも関わらず、従わなかったのだ。「ところが、彼は出て行って、この出来事をふれ回り、言い広め始めた。そのためイエスは表立って町の中にはいることができず、町はずれの寂しい所におられた。しかし、人々は、あらゆる所からイエスのもとにやって来た。」(同45節)男に悪意があったわけではなく、単純に癒やされた喜びに逆らえなかっただけだったのかもしれない。ただ結果としては好ましいものではなかった。もしかしたら、イエスはこうなることを知っていたから、男に怒っていたとも考えられるのではないだろうか。

らい病の男がそうしたように、理由はともかくとして、問題を抱えているならば、まずはイエスの前にへりくだり、彼の助けを求めることが良いのだろう。しかしこの男が誤ったように、イエス・キリストの本質も見失ってはならないし、また感情に流されてはならないのだろう。それはキリストの本来の働きを妨げることにもなり得るのだろうから。