ペテロの不安

ここしばらく、最後の晩餐の場でイエス・キリストが弟子たちに語ったことを見てきた。イエスが弟子たちと最後に過ごす晩に彼らに語ったことは、イエスにしてみれば、どうしても弟子たちに聞いておいてもらいたい、彼らに知っておいてもらい、とても重要なものであったろう。イエスはこの夜が彼らと共に過ごす最後になるのを知っていたのだから、どうしてもこれだけは伝えておかなければならないと、そう考えていたに違いない。イエスでなくとも、誰でも今日が最後であることを知っていれば、大事なことを後に残る人々に伝えておきたいと考えるはずだ。例えば、仕事の引継ぎなども同じようなものだろう。私がそれまでやってきたことを、次に担当する人に伝えておくというのは、当然のことだ。さもないと、何かと支障が出てしまう。イエスは神の国の福音を伝えるという、重大な責務を負っていたのだからなおさらだ。

ところでその食事の時に、イエスはシモン・ペテロに呼びかけてこう言った。「シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」(ルカの福音書22章31~32節)

イエスから直接声を掛けられて何か励ましのことばをもらうかと思えば、なんとその反対であった。少なくとも前半のところは。「サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。」サタンによる、ペテロとまた他の弟子たちへの試みがあるとイエスは言うではないか。せっかくの楽しいはずの食事が、ペテロにとっては暗いものとなってしまったことだろう。

サタンの試みといえば、聖書の別の箇所にも似たようなことが書いてあったような。旧約聖書にはこのように書かれている。「主はサタンに仰せられた。『では、彼のすべての持ち物をおまえの手に任せよう。ただ彼の身に手を伸ばしてはならない。』そこで、サタンは主の前から出て行った。」(ヨブ記1章12節)

ことの起こりはこうである。「神を恐れ、悪から遠ざかっている」(同8節)人、ヨブに目を付けた悪魔は、神のところに出向いて、このように訴えている。「あなたの手を伸べ、彼のすべての持ち物を打ってください。彼はきっと、あなたに向かってのろうに違いありません。」(同11節) その時の神の悪魔に対する答えが、ヨブ記のこのことばであった。神の許可を得て、悪魔はヨブに試練を与えたのだ。なお、結果はどうだったか。サタンの思惑通り、ヨブは神を呪っただろうか。いや、そうはならなかった。そのような目に遭わされてもなお、「ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。」(同22節)

またイエス・キリストご自身も、悪魔によって試されたことがあったではないか。「四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。そこで、悪魔はイエスに言った。『あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。』……また、悪魔はイエスを連れて行き、またたくまに世界の国々を全部見せて、こう言った。『この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。』」(ルカの福音書4章2~3、5~7節)

弟子たちも同じように、サタンに試されることになるとしたら、それがどのようなものであるか、ペテロには知ることができなかっただろう。しかしもし彼がヨブの話を思い出したら、戦々恐々となったことだろう。彼らの財産―もっとも彼らがどれほど持っていたかは分からないが―はすべて彼から奪い去られ、また家族を失うことになり、彼ら自身の健康をも損なうことになってしまう。何より神がそれを彼らの身に起こることを許されているのだ。彼らの信仰が試されることになるのだ。彼らは果たしてヨブのように神に愚痴をこぼさずにいることができるだろうか。彼らの師イエス・キリストが四十日の誘惑に惑わされながらも、常に神に目を向けていたように、果たして同じことが彼らにできるだろうか。なんとなく、ペテロの不安も察することができよう。

ところが、イエスは彼らが試みに遭うことが分かっていたがゆえに、ことさらペテロのために祈ったという。それは、ペテロが信仰を失うことがないようにというものだった。イエスはこの後にペテロのが何をしてしまうのかを知っており、さらに彼がもっとも救いを必要とするのが分かっていたのだろう。

ペテロではないが、我々もまた同様であろう。誘惑に遭うとき、試みに遭うとき、それこそ信仰が揺らいでしまいそうなとき、そのような時に自分自身で解決するのは、難しいだろう。いや、もしかしたら無駄かもしない。なぜなら、救いは自らのうちにはないのだから。救いはイエス・キリストにのみあるのだ。我々の信仰も、またイエスに守られているのだから。