金曜の夜

金曜の夕方がやってきた。一週間の終わりである。色々と課題は残ったままだけれども、ひとまずそれはそれで置いておくとしよう。一度に全部を片づけることなどできない。時間を掛けて少しずつ片づけていけばよい。ひとまず直近で早々に対処しなければならないことさえ終わっていれば問題ない。積み残しがあったとしても、誰かが著しく困るわけでもなければ、ましてや世界が終わるわけでもない。ということを考えつつ家に帰る。気分転換をしたり、気晴らしをしたり、疲れを癒したり。そんな気持ちになる。たとえば、帰りにデパートの地下でもスーパーでもコンビニでも構わない、何やら気の利いた惣菜でも買って、それを肴にビールかワインか日本酒を少しばかり……あぁ、スモークチーズなんて、どれにでも合いそうだなぁ。そして、なんとなくテレビで放映されている番組で面白そうなのを見るとか、DVDを借りてきて前々から見たかった映画を見るとか……なんせ見たい映画がいっぱいあるので選ぶのに困ることはないだろう。そうやって難しいことを考えずに、気の向くままに過ごして、最後は眠くなったら寝る。なんて、そんな贅沢なことをしてみたい。たいしてお金が掛かるような贅沢ではない、金曜の夜に限ってでも構わない、ほんの数時間の余裕があれば簡単に得られるものである。とは言っても、それだけの数時間を手に入れることができないのが、現実である。

まぁ、そんなことをぼやいたところで仕方がない。時間がないというのは、所詮ただの言い訳にしか過ぎないのかも。考えてもみれば、時間というのは誰にでも同じだけ与えられているはずだ。それを足りないとか、自由に使えないとか感じるのは、要するに自分の時間の使い方がマズいだけなのかもしれない。

そうは言っても、私は贅沢ができないことくらいで文句を言う。考えてみれば、それだけでも十分に贅沢をしているのかもしれない。そんな文句を言う余裕すらない人たちもいるわけだから。まさしく最後の晩餐を過ごした後のイエス・キリストと、弟子たちがそうであろう。

聖書には、最後の晩餐の後のことがこのように書かれている。「それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った。いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、『誘惑に陥らないように祈っていなさい。』と言われた。そしてご自分は、弟子たちから石を投げて届くほどの所に離れて、ひざまずいて、こう祈られた。」(ルカの福音書22章39〜41節)

いつものように、いつもの場所に出掛けて、と書いてあるから、これは珍しいことではなかった。いつもそうしているように、イエスは神に祈るための時間を取ったに過ぎない。そしてイエスはこのように祈った。「父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください。」(同42節)またその時の様子が、このように書かれている。「すると、御使いが天からイエスに現われて、イエスを力づけた。イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。」(同43〜44節)

どうやら、祈りの様子が普段とは違ったようである。日頃のイエスの祈りがどのようなものであったかは、イエスと父なる神との会話のようなものであったろうと考えると、おそらくもっと穏やかなものであったろう。ところが、今回はいつもと違った。イエスは祈りながら苦しみもだえたという。神の御使いが表れてイエスを力づけたという。肉体的にも精神的に霊的にも、限界に達するほどの祈りであったのだろう。一介の人間でしかない私には想像もつかない。

そして、祈る前には弟子たちに誘惑に負けないように祈りなさいとも言っている。弟子たちがサタンによって試みに遭うと、彼が食事の時に言ったことを踏まえてのことだろう。わざわざ、このことが書かれているということは、これもまたいつもとは違うことだったのだろう。

さて、イエスが身体と精神の限界に達しそうなほどに祈っている姿を見て、弟子たちもイエスのことばに従って祈りに没頭していただろうか。その時の様子が、聖書にこう書かれている。「イエスは祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに来て見ると、彼らは悲しみの果てに、眠り込んでしまっていた。」(同45節)

こともあろうか、弟子たちは眠っていたという。もっとも弟子たちの眠りは、怠慢や無関心、無神経からではなかった。ただ、彼らは悲しみのために眠ってしまったという。そもそも、彼らはなぜ悲しかったのだろうか。ここでは説明されていないから、今までのことから、推測するしかない。彼らのうちの誰かがイエスを裏切るということ、彼らが試みに遭わなければならないということ、イエスが苦しみながら祈っている様子を見たこと、おそらく何か異様な空気を感じたのだろう。そのような彼らにイエスは再び言っている。「なぜ、眠っているのか。起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい。」(同46節)

気持ちが上向きなら、信仰もまた上向きになるだろう。しかし気持ちが沈んでいる時は、信仰も沈みがちになってしまい、誘惑にも負けてしまいそうになるだろう。それどころか信仰が最も必要とされているときに限って、信仰が揺らいでしまいそうになるかもしれない。そのような時こそ、まずは神に祈り、助けを求めることが必要なのだろう。