数えてみよう

新しい年が始まった。新しい一年の始まりにあたり、その年の目標を立てるというのが一般的な日本人の考えることであろう。かく言う私自身もここ数年ほど、体重を減らすという目標を立てていたものだが、ようやく昨年はその目標を達成することができた。ということで、これ以上体重を減らす必要もなくなったわけだし、何か新しい目標を見つけないとなぁと思う新年である。さて、どうしたものか。まぁ、それについては、しばらく考えてみることにしよう。

ところで一般的な日本人としてではなく、キリスト者として新しい一年の始まりを迎えて、ふと思い出したがある。たとえば教会などでは、その一年の主題となる聖書の箇所、いわゆる年間聖句というものを決めていたりもするが、同じことをひとりの信仰者として、やってみるのはどうかということである。もしかしたら、似たようなことをやっている方々は大勢いるかもしれない。いや、私が気付くのが遅すぎるではないかと言われてしまうかもしれないし、そう言われたとしても反論のしようがないのだが。そんな私の心に浮かんだのは、このような聖書の箇所である。「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(詩篇103篇2節)

さて信仰者としての私にとって、去年一年を振り返った時の感想は「感謝」という言葉にまとめることができるだろう。神に感謝するという思いは、昨年に引き続き今年も大切にしていきたいところである。いや、今年に限らずとも、これからも常に感謝することを覚えておきたい。

それでは、そのように日々常に感謝を覚えておくにはどうしたらよいのかと考えた時に、私はこう考えたのである。それは、神が私のために何をしてくださったかを覚えることにあるのではないかと。

もし揺るぎない堅い信仰があれば、感謝をするのは良いだけことに限られていないかもしれない。ありがたいとは感じられないような状況にあっても、感謝をすることができるほどの信心を持つのが理想なのかもしれないが、理想と現実の違いはそう簡単には縮まらない。少なくとも、私に限って言えば、それほどまでの信仰心はない。

そう考えてみると、信心が薄いなら薄いなりに感謝するには、神が私のためにしてくださったことを覚えるのが大切なのではないかと思のである。良いことであれば、簡単に感謝することができるだろう。だから、今年は良いことを探すことに重点を置きたいものである。日々の生活において探してみてもよいだろう。また聖書を読む中で探してみるのも良いだろう。気付いたら、その時に神に「ありがとうございます」と伝えるようにしたい。何も畏まって何かする必要はない。心のうちで「ありがとう」と思えば、それで十分であろう。そして感謝をしたからそれで終わりではなく、後に時間が経ってからでも、あの時、あのようなことがあったと、振り返った時に改めて感謝できるようにもしておきたい。

そして先ほどの箇所は、このように続いている。「主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、わしのように、新しくなる。」(同3〜5節)

また「望みも消えゆくまでに」という賛美では、このように歌われている。「数えてみよ主の恵み、汝が心は安きを得ん」「……、つぶやきなど如何であらん」「……、天つ国の幸に酔わん」と。

神が良くしてくださったことを覚えることで、人は平安や確信、恵みやあわれみといったもの、総じて言うならば神からのさらなる祝福、一層優れた良いものを得ることになるのではなかろうか。

一年の始まりのこの日、まず一つ、神のなさった良いことを挙げるのならば、無事にこの日を迎えられたということである。そしてこの一年、良いものを与えてくださる神が、私たちと共にあるという確信をもって、過ごしていきたい。