クリスマスの過ごし方

ステレオタイプとも言うべき日本の一般的なクリスマスの過ごし方といえば、ケンタッキーフライドチキンを食べたり、恋人同士で過ごしたり、ということになるか。何かの記事で読んだが、外国の方々の目にはこれが奇妙なものに映るらしい。たしかに外国人でなくとも、私もさすがにこれは何かが違うと思うこともある。メディアやコマーシャリズムに洗脳されているのではないかと、疑わずにはいられない。では、そのように言う外国の方々はどのようにクリスマスを過ごしているのだろうか。私の経験から言えば……もっとも1990年代のアメリカ、太平洋岸北西部でのことになるから、もしかしたら情報としてはやや古いかもしれないが……クリスマスというのは、家族や親戚が集まって、七面鳥やハム(念のために言っておくが、私たちが普段食べているあのハムではない)を食べて過ごすという具合である。どちらかと言えば私たち日本人のお正月の過ごし方に似ているかも。ちなみにアメリカには日本みたいにクリスマスケーキというものも存在しない。デザートが出てくる場合は、パイが多いかも。前月の感謝祭の時に材料をまとめて買ったのか、それとも買い過ぎてあまったのか、パンプキンパイが多かったような気もする。

たしかにそのような過ごし方をしてきた人には日本のクリスマスは不思議に思えるかもしれない。とはいえ、場所が違えば文化も異なるのだから、それも仕方のないことのように思える。考えてみれば、今の時期南半球は夏なのだから、北半球の住人のイメージするクリスマスとはだいぶ違うだろう。中学の頃の英語の教科書には、オーストラリアでサーフィンをするサンタクロースの写真が載っていたのを覚えている。

ふと思うのだが、正しいクリスマスの過ごし方というのは、果たしてあるのだろうか。もしかしたら、自分の中に「クリスマスはこうあるべき」という理想を持っていて、それと異なるものに対して違和感を覚えるのかもしれない。クリスマスの過ごし方に限らずとも、人というのはそのように感じるのかもしれない。無意識のうちに理想の姿と、そうでないものに対するある種の拒否感のようなものを持つのかもしれない。

ところで歴史をさかのぼれば、イエス・キリストがこの地上に誕生された日がクリスマスの始まりである。言うまでもないからなのか、誰も取り上げようとはしないが、聖書には「クリスマスはこう過ごしなさい」と書かれている箇所はどこにもない。それもそのはず、クリスマスが世の中に広く知られて定着するはるか以前に、聖書が完成されてしまったからだろう。そう考えると、クリスマスをいかに過ごすかの正解はないようにも思われる。

しかしながらクリスマスが何の日であるかを知っていれば、自然とどのように過ごすべきかが見えてくるのではないか。イエス・キリストの誕生を覚えて祝う日に、自分を満足させようとか、自分を喜ばせようとか、自分だけ良い気分になろうとはしないだろう。この日は、神が人となられてこの地上に来られたことを感謝し、そのことに思いを巡らし、また神が人に示された慈しみと恵みの深さを思い出し、それを喜んで受け入れる、それで十分なのではないだろうか。それ以外のことは、後の世の人々が、それぞれの文化に合わせて付け加えたものでしかなく、それが「クリスマス」ではない。

さて私の予定はどうかと言えば、今年はクリスマスイブからクリスマスの朝まで、都心のどこかでパソコンの画面を眺めながら、眠気を相手にしながら過ごすことになりそうだ。世の基準で考えれば、ガッカリなクリスマスの過ごし方かもしれないが、考えようによってはそんなに悪いものでもない。「さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。」(ルカの福音2章8節)私は、この羊飼いたちと同じところに立てるのだと考えれば。

荒野で羊飼いたちは、荒野で神の御使いから、このように伝えられた。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」(同10~12節)さすがに夜中に私の職場に天使がやってくるとは思えないが、このようにして御使いのメッセージは、私の記憶に留まることになった。

御使いの言葉を聞いた、羊飼いたちは「急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごとを捜し当てた。」(同16節)さすがに、今の時代にはマリヤもヨセフも、飼葉おけに眠るイエス・キリストを見出すことはできないだろう。だが、私はイエスが誕生した二千年後の世に生きているのである。わざわざ探しに行くまでもなく、イエス・キリストが生きた、この同じ世界に生きているのである。事務所を出て空を見上げれば、それは天の軍勢が神を賛美した空と同じで、吸い込む朝の冷たい空気はイエスが産声を上げるために最初に吸った空気と同じなのである。冷静に考えてみれば、それはいかなる奇跡にも勝るとも劣らない。