杖が蛇に

「モーセとアロンはパロのところに行き、主が命じられたとおりに行なった。アロンが自分の杖をパロとその家臣たちの前に投げたとき、それは蛇になった。」(出エジプト記7章10節)モーセたちがエジプトの王のところに行く前、神はこのようにふたりに仰せられていた。「パロがあなたがたに、『おまえたちの不思議を行なえ。』と言うとき、あなたはアロンに、『その杖を取って、パロの前に投げよ。』と言わなければならない。それは蛇になる。」(同9節)そして、ふたりは神に命じられた通りにしたのである。アロンが手に握っていた杖をパロたちの前の床に投げると、たしかに神が前もって言ったように、それは蛇になったのである。しかしなぜ蛇なのだろうか。形が似ているからだろうか。たしかに、杖も、蛇も、どちらも細長いと言えるだろう。しかし理由はそれだけなのだろうか。

ところでエジプトの王で最も知名度の高い人物と言えば、まず思い出すのはツタンカーメンではないだろうか。彼がどのような王であったのかという史学的な価値よりも、ツタンカーメンの呪いだとか、ツタンカーメンの黄金マスクとか、どちらかと言えばセンセーショナルな話題の方が印象に残っている。さて、王家の谷にある彼の墓から発見された有名な黄金のマスクだが、よーく見てみると、額の上のところに何か付いているのに気が付くだろう。そう、ハゲワシとコブラの飾りがついている。ハゲワシはひとまず置いておくとして、コブラは蛇である。つまり当時のエジプトの民にとって、蛇は何らかの重要な意味を持っている存在なのであろう。

ではコブラの持つ意味とは何でろうかということになるが、残念ながら私はエジプト学には、まったく通じていない。というわけなので即席で調べてみると、あのコブラの飾りは、下エジプトの守護女神の象徴であるということだ。すなわちこの飾りが意味することは、当時のエジプトの国家主権、王権、神性であり、ひいてはエジプト王には、神々から与えられている権威があるということだった。ついでに言っておくと、その隣のハゲワシの飾りは、上エジプトの守護女神の象徴であるという。

さてアロンの杖が蛇になったということだが、はたしてどのような蛇になったのだろうか。私が思うに、それは足で踏みつければ潰れてしまうような、小さな蛇ではなかっただろう。少なくとも杖より小さいことはなかったに違いない。さらに杖と言っても、アロンが持っていたものは、私たちが日頃目にするようなお年寄りが持っているような杖でもなければ、登山者が使うストックのようなものでもなかったろう。モーセがミデヤンの地で羊飼いとして生活していたことを考えると、おそらく彼らが持っていた杖は、羊飼いのそれであったろう。その目的から、彼らの身長か、もしくはそれ以上の長さがあり、太さもあり頑丈なものであったろうことは容易に想像がつく。それだけの杖が、蛇になったのである。それは長くて太い、恐れるに足りるものであったかもしれない。

おそらくその様子を見ていた王も家臣たちも、心中穏やかではなかっただろう。彼らの権力の象徴であるコブラと同類である生き物が、彼らにとっては異民族であり、なおかつ隷属させているイスラエルの民の代弁者であるモーセとアロンの不思議な「魔法」によって現れたのだから。もちろんエジプト人たちも黙ってはいなかった。「そこで、パロも知恵のある者と呪術者を呼び寄せた。これらのエジプトの呪法師たちもまた彼らの秘術を使って、同じことをした。彼らがめいめい自分の杖を投げると、それが蛇になった。」(同11~12節)

自分たちでもそれくらいのことはできる。その程度の「魔法」で、神々から権威を与えられている私の考えを変えられるなどと思うなよ、とパロが思ったかどうかは分からないが、一度はイスラエルの民の神など知らぬと言い放ったパロであることを思えば、そう考えるだけの驕りはあっただろう。ところが、ただのわざ比べでは終わらなかった。なんと「アロンの杖は彼らの杖をのみこんだ」(同12節)のである。蛇が主権、王権、神性の象徴であるのなら、イスラエルのそれはエジプトのそれに勝っていると言わんばかりの出来事である。

考えてもみれば、アロンの杖が蛇に変わったのは、神の意思に従ったことの結果であり、神のわざであった。モーセやアロンが自らの力で行ったわけでもなければ、パロやその家臣が思っていたような「イスラエル人の不思議」ではなかった。しかしエジプト人の杖が蛇に変わったのは、ただの見た目のまやかしであった。現代で言うところの、手品か、それとも集団催眠とでも言おうか、いずれにしても所詮人の為すわざでしかなかった。神の御わざの前には無力でしかない。このような結果になって当然だったのだ。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」と仰られた神は、人間が神々として崇めるどのような存在にも勝っているというのが、真実なのである。