かまどのすす

「主はモーセとアロンに仰せられた。『あなたがたは、かまどのすすを両手いっぱいに取れ。モーセはパロの前で、それを天に向けてまき散らせ。それがエジプト全土にわたって、細かいほこりとなると、エジプト全土の人と獣につき、うみの出る腫物となる。』」(出エジプト記9章8~9節)家畜たちが疫病にかかって死んでしまうという災いに見舞われたエジプトの民に、次なる災いが待っていた。神はモーセとアロンにこれからエジプトに起こることをこのように言っている。今度の被害者はエジプトの家畜ではなく、エジプトの民であり、前の疫病から逃れた家畜であり野の獣であった。今までいくつかの災いに見舞われたが、エジプトの民に直接的な害が及ぶことになるのは、実に今回が初めてのことなのだ。ここまで被害が大きくなると、さすがにエジプトの民が憐れに思われてくる。エジプトの民のすべてがイスラエルの民を敵視していたわけでもないであろうし、これまでに起きたことからイスラエルの神を認めているエジプト人も少しはいたかもしれない。しかし神はその手を緩めることはなかった。

モーセとアロンがエジプトの民をどのように思っていたのかは、分からない。彼らに同情を寄せて憐れんだか。それともイスラエルの民を苦しめる憎い者たち、イスラエルの神を認めぬ愚かな者たちと見ていたのか。確かなことは、二人は神がそうするように仰った通りに「かまどのすすを取ってパロの前に立ち、モーセはそれを天に向けてまき散らした。すると、それは人と獣につき、うみの出る腫物となった。」(同10節)

しかし考えてもみれば、モーセやアロンがエジプトの人々をどう思っていたのか、彼ら自身の思いや意見は二の次だったろう。二人にはただ神が命じられたことに従う他に選択の余地はなかった。なぜなら神の語ることばを直接耳にし、神のなさる不思議のわざを直接目にしてきた彼ら自身が、神のみこころに従わないということは、すなわち神を知りながら神に逆らうということになる。そうなるとエジプトの民と同じような、いや、もしかしたらもっと恐ろしい災いを自らとイスラエルの民の上に招くことになるかもしれない。

ところで、なぜ神はこのような不思議なことを、モーセたちにさせたのであろうか。かまどのすすを空中に投げる必要などあったのだろうか。神の力をもってすれば、このようなパフォーマンスは必要はなかったに違いない。モーセが神のことばを伝えるだけでも十分であったはずだ。

なぜかまどのすすであったのか。これは私の考えでしかないし、もしかしたら間違っているかもしれないとだけ先に言っておこう。考えてみよう。かまどは何をするために使われたのだろうか。料理をするため、確かにそうかもしれない。しかしかまどにはそれ以外の使い道もあったのではないか。前にも書いてあったが、当時イスラエルの民はれんがを作るという労役を課せられていた。(同5章)

いや、ちょっと待った。当時のれんがは日干しで作られていたというが通説ではないか。であれば、かまどでれんがを焼くことはなかったはずでは。その通りである。さて日干しのれんがを作るのに必要なものは、わらや柴や松の葉などの繊維質のある素材だった。これらはれんがの強度を保つために必要なものであり、それがないと脆くて使い物にならないそうだ。イスラエルの民はわらを使っていたのだが、パロがイスラエル人にわらを与えないと言ったために、彼らは刈り株などのわらの代わりになる材料を集めなければならなくなってしまった。だがそのようなことをしていては、れんがを作る時間もなくなってしまう。材料が足りないなか、さらに時間も限られているなか、強度のあるれんがを作るには焼くしかない。だとすれば彼らがかまどでれんがを焼くようになったとしても、それはありえないことではないだろう。そう考えると、かまどの中のすすというのはイスラエルの民にとっては、苦役の上にさらなる苦役が与えられたことの象徴なのではないか。

もしそうだとすれば、モーセが空中に投げたのは、単なる燃えかすではなく、まさしくイスラエルの民の汗と涙の染み込んだ灰だったのかもしれない。彼らのの苦しみが、エジプトの民の上に降りかかったようなものであろう。

神はイスラエルの民の苦しみのほどを、エジプトの民に教えたと考えることもできよう。その腫物がどれほどの苦痛をエジプトの民にもたらしたのか。「呪法師たちは、腫物のためにモーセの前に立つことができなかった。腫物が呪法師たちとすべてのエジプト人にできたからである。」(同9章11節)エジプトの民は、立ち上がることすらできなかったという。立ち上がることすらできないほどの苦しみ、それが当時のイスラエルの民の日常だったのかもしれない。

神はそのような苦しみから人々を救い出そうとしているのである。神のエジプトに対する容赦の無さは、同時に御自身の民に対する必ず救い出すという意志の固さの表れでもあろう。