エジプトを後にする

「七日間、あなたは種を入れないパンを食べなければならない。七日目は主への祭りである。種を入れないパンを七日間、食べなければならない。あなたのところに種を入れたパンがあってはならない。あなたの領土のどこにおいても、あなたのところにパン種があってはならない。」(出エジプト記13章6~7節)エジプトから解放されたばかりのイスラエルの民に、モーセはこのように教えた。またこのようにも言っている。「すべて最初に生まれる者を、主のものとしてささげなさい。あなたの家畜から生まれる初子もみな、雄は主のものである。ただし、ろばの初子はみな、羊で贖わなければならない。もし贖わないなら、その首を折らなければならない。あなたの子どもたちのうち、男の初子はみな、贖わなければならない。」(同12~13節)エジプトを出てからまだそれほど経っていなかっただろう。もしかしたらエジプト王の軍勢が彼らを追ってきているかもしれない(実際、その通りなのだが)、そのような非常の時であったかもしれないが、これだけはどうしても伝えておく必要があると感じていたのかもしれない。そもそもこれはモーセが思いついたことではなく、神がモーセに教えたことだったと考えることができよう。

まず最初に、神はモーセにこのように言っている。「イスラエル人の間で、最初に生まれる初子はすべて、人であれ家畜であれ、わたしのために聖別せよ。それはわたしのものである。」(同2節)このような神からのことばを受けて、モーセは民に教えはじめた。

なぜ神は、これほどまでに具体的で細かい指示を出しているのだろうか。もちろん、これには意味も目的もあるに違いないが、今はあまり気にしないでおこう。何より、今を生きている我々には、種なしパンを七日間食べなければいけないということも、最初に生まれたものを神に捧げなければいけないということも、当てはまらないだろうし、そのようなことを求められてもいない。

しかしこのような決まり事を守るということには、それ自身にも意味があるとしても、それだけではなかったようである。モーセは民に教えるなかでこのように言っている。「その日、あなたは息子に説明して、『これは、私がエジプトから出て来たとき、主が私にしてくださったことのためなのだ。』と言いなさい。」(同8節)「後になってあなたの子があなたに尋ねて、『これは、どういうことですか。』と言うときは、彼に言いなさい。『主は力強い御手によって、私たちを奴隷の家、エジプトから連れ出された。』」(同14節)つまり神がエジプトからイスラエルの民を解放したという事実を覚えておくためにも、これらのことを守るという考えもあったのかもしれない。確かに、これらのことを教えるに先立って、モーセは民に向かってこう言ったではないか。「奴隷の家であるエジプトから出て来たこの日を覚えていなさい。主が力強い御手で、あなたがたをそこから連れ出されたからである。」(同3節)

神がイスラエルの民をエジプトから連れ出したと、モーセは幾度も繰り返して言っている。それが他の何よりも大切なことだと、彼は知っていたに違いない。そしてイスラエルの民にも、同じ思いでいてもらいたいと願っていたのだろう。これより先、何世代に渡ろうとも、忘れてはならないと。そしてモーセが願ったとおりに、彼らは神がなさったことを覚えてきた。その証拠に、今日に至るまでイスラエルの人々は過越の日を祝っているではないか。彼らがエジプトを出てからおおよそ三千と三百年が経過している。それだけの年月が経っているにも関わらず、今でも過越の日が覚えられて、守られて、そして祝われているのである。

神がイスラエルの民をエジプトでの奴隷としての生活から解放された。確かに、それはそれで十分に喜ぶに足ることだったろう。しかし神は奴隷として苦しんでいた彼らを哀れに思い、彼らを救い出したのだろうか。もちろん、そのような部分もあっただろうが、それが全てではなかった。モーセは人々にこう言った。「主があなたに与えるとあなたの先祖たちに誓われたカナン人、ヘテ人、エモリ人、ヒビ人、エブス人の地、乳と蜜の流れる地に、あなたを連れて行かれるとき、次の儀式をこの月に守りなさい。」(同5節)またこのようにも言っている。「主が、あなたとあなたの先祖たちに誓われたとおりに、あなたをカナン人の地に導き、そこをあなたに賜わる……」(同11節)

神はイスラエルの民をエジプトから連れ出した。それはただ彼らを苦しみから解放するたけではなかった。さらに良いものを与えるためでもあった。神はかつてアブラハムにこのように約束している。「わたしは、あなたが滞在している地、すなわちカナンの全土を、あなたとあなたの後のあなたの子孫に永遠の所有として与える。わたしは、彼らの神となる。」(創世記17章8節)神はイスラエルの民と交わした約束を守るために、エジプトから連れ出したのである。

何であれ我々を縛るものがあれば、必ずや神は我々を自由にしてくださるだろう。神が与えようとしている約束の地へ導くために。