生きるために

「夕方になるとうずらが飛んで来て、宿営をおおい、朝になると、宿営の回りに露が一面に降りた。その一面の露が上がると、見よ、荒野の面には、地に降りた白い霜のような細かいもの、うろこのような細かいものがあった。イスラエル人はこれを見て、『これは何だろう。』と互いに言った。彼らはそれが何か知らなかったからである。」(出エジプト記16章13~15節)食べるものがないではないか、餓死しなかっただけでもまだエジプトにいた方がよかったのではないか、と文句を言っていたイスラエルの民に、神は肉とパンを与えると約束したことが、いよいよ現実のことになったのである。神を疑うようなものはさすがにもういなかったと信じたい。

ところでうずらと言えば、私たちはうずらの卵を思い浮かべてしまうが、うずらの肉は普通に食べられているらしい。買ったことはないが、フランス産のうずらというのが売られているそうで、丸ごと一羽をローストするなどして食べるという。食べたことはないが、想像するだけでも空腹を覚えてしまう。うずらのコンフィとか、きっと美味しいに違いない。もちろんイスラエルの民が荒野でそのような凝った料理をして、うずらを食べたとは思わないが、それでも彼らは毎晩のように肉を食べることができるようになったのである。考えても見れば、毎晩のように肉を食べられるとは、私よりも贅沢な食生活ではないか。神は確かにイスラエルの民が求めていたものを与えられたのである。イスラエルの民がこれらのものを稼ぐために何かしたのではない。神が必要なものを時に応じて備えられるだけなのである。

さてイスラエルの人々が「これは何だろう」と言ったものについて、モーセはこう答えている。「これは主があなたがたに食物として与えてくださったパンです。主が命じられたことはこうです。『各自、自分の食べる分だけ、ひとり当たり一オメルずつ、あなたがたの人数に応じてそれを集めよ。各自、自分の天幕にいる者のために、それを取れ。』」(同15~16節)こうして彼らは、毎朝のパンを得ることができたのである。もちろん、パンについても彼らが何かしないといけないということはなかった。パン屋まで買いに走ることもなかったし、材料を混ぜ合わせて焼き上げる必要もなかった。

これもまた贅沢な話である。今を生きる私たちは労働をして収入を得て、それで必要なものを買わねばならないのだから。さらに場合によっては調理をする手間もある。それがないだけでも、彼らは恵まれていたのかもしれない。もちろん、私たちのように味にバリエーションを持たせることは出来なかったかもしれないから、それを考えると多少の手間が掛かるとしても今の方が良いかもしれない。

ところでパンを取るにあたって、モーセは人々にこのように言った。「だれも、それを、朝まで残しておいてはいけません。」(同19節)すなわち神の言いつけとは、自分たちが食べる分だけ取りなさい、それを取っておいてはいけません、というものであった。それ以上でもそれ以下でもない。何も難しいことはない。当然のことながら、彼らの側で何か特別なこと、何らかの働きをすることは求められていなかった。ついでに言うと、勘違いを引き起こすような、複雑なものでもなかった。小さな子供でも理解できるようなものであった。だが現実はどうであったろうか。

聖書にはこのように記録されている。「彼らはモーセの言うことを聞かず、ある者は朝まで、それを残しておいた。すると、それに虫がわき、悪臭を放った。そこでモーセは彼らに向かって怒った。」(同20節)恥ずべきかな。何千年も経った今でも、彼らの愚行は人々の知られるところなのである。

また人々はこのようにも言われていた。「あす(七日目)は全き休みの日、主の聖なる安息である。あなたがたは、焼きたいものは焼き、煮たいものは煮よ。残ったものは、すべて朝まで保存するため、取っておけ。」(同23節)そして「安息の七日目には、それは、ありません。」(同26節)そこで人々は、六日目には二日分を取っておくようにしたのである。

ところがどうであろうか。「民の中のある者は七日目に集めに出た。しかし、何も見つからなかった。」(同27節)またしても言われたことに背いたの者が何名かいたのである。今度はモーセではなく、神ご自身がこのように言われた。「あなたがたは、いつまでわたしの命令とおしえを守ろうとしないのか。」(同28節)

なぜ一部の人々はモーセや神の言いつけに従わなかったのだろうか。言われたことが理解できなかったのだろうか。それならばやむを得ないかもしれないが、そうではなかっただろう。おそらく彼らは食べ物を備えてくださる神ではなく、食べ物そのものに目が向くという、すなわち彼ら自身の思いや考えに捕われたに違いない。人が生きるために必要なものは何か。イエスはこう仰っている。「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」(マタイの福音4章4節[新共同訳])