テオピロへ 21

ところでユダヤ人たちは、なるべく他国人に福音を伝えないように気をつけていたらしい。しかし彼らがどんなに注意深くしていたも、やはり彼らの話を耳に挟んだ人々もいたようだ。キプロスやクレネの人々や、アンテオケのギリシヤ人たちは、ユダヤ人たちの話を聞いてどうしたか。なんと彼らが信仰を持つようになったのだ。もっとも彼らがユダヤ人の話していることを理解できたかというと、それは分からない。しかし神の御手が彼らと共にあったと書かれているから、神ご自身が何らかの方法で彼らを導いたのかもしれない。考えてみれば、ユダヤ人たちが彼らに直接キリストの話を語って聞かせたのでなければ、彼らが詳しくキリストのなされたことについて知るすべはなかったであろう。となると、やはり神ご自身が何らかの方法で彼らに、キリストがどのような方であり、何をなさったのかということを人々に示されたのだろう。それがどのような方法であったのかは、残念ながらルカは何も書いていない。正直、そこのところをもっと知りたくてしようがないテオピロであったが、ここは諦めるしかなかっただろう。もっとも、どのようにして神が彼らを導かれたのかということよりも、ここで大切なことは神が異邦人をも導かれたという事実であろうと、テオピロは考えていた。

すなわちユダヤ人自身は異邦人を部外者のように扱ってきたが、神は彼らのことをご自身の民と同じように扱われたということである。それを考えると、まさしくペテロが言ったように、神は分け隔てをなさらないお方であるということが、テオピロにもよく分かった。異邦人のうちわずかな者がなったということではなく、大勢の人々が神を信じるようになったというからには、神のなさることは半端ではない。

さて、ペテロとコルネリオの話がそうであったように、この話もまたエルサレムにいた弟子たちのところへ届いた。ペテロの話を聞いて励まされた弟子たちは、信徒のひとりであるバルナバをアンテオケに遣わした。

さて、アンテオケに到着したバルナバは、話に聞いたとおり、多くのキプロス人、クレネ人、ギリシヤ人たちが神を信じている様子を見て、大変に喜んだ。そして彼は人々に、常に信仰を持ち続けるようにと励ましたのだった。

ところでルカはバルナバについて、彼は良い人物であり、聖霊と信仰に満ちた人であったと書いていた。さて、なぜあえてここで彼について書いてあるのかと、少し疑問に思うところもあったが、そのすぐ後には、多くの人々が神を信じるようになったと書かれている。もしかしたら、バルナバのその人柄がきっかけとなって人々は神に導かれたのだろうか。その可能性もないこともないだろう。

ここでテオピロはふと考えてみた。今までのルカの手紙の内容を思い出してみると、ユダヤ人の多くは、弟子たちや信徒たちからキリストの話を聞いたり、奇跡が行われるのを見たり聞いたりしたことで、キリストを信じていた。ところが異邦人たちはユダヤ人と交わる機会がほとんどなかったために、彼らが伝えているキリストの話を聞くことも、彼らが噂する奇跡についてもあまり見聞きすることがなかったようだ。せいぜい噂で聞くくらいであったろう。その一方でコルネリオのように、ユダヤ人の神を信じる姿を見て、神を信じるようになったり、わずかに耳に挟んだキリストの話に興味を持ち、神の御手に触れられて神を信じるようになったりと、ユダヤ人と異邦人とでは神を知るまでの道のりが異なるようだ。確かにユダヤ人たちは聖書があり、神がどのようなお方であるのかは子供の頃から教えられてきたから、理路整然と説明をされ、奇跡を通して神の力が現実のものであることを知ることができれば、神に立ち返り、キリストを受け入れることができたのだろう。ところが、異邦人たちにはそのような知識も何もなかった。そのような彼らのために、神ご自身が様々に働かれたのだ。コルネリオには御使いを送り、アンテオケの人々には直接御手で触れ、それだけでなくバルナバを遣わしたのだった。

神は人々を救いへと導くとき、それぞれの人にあった方法をとられるということなのかもしれない。まさしく神が人をいかにして導くかというのは、神の領域なのであろう。

テオピロはどうすればよいのかと考えてみた。信仰者として、彼はやはりバルナバのように信仰と誠意をもって日々歩めばよいのだろうかと。