心配無用でも

イエスのことばに耳を傾け、またそこに込められた意味について思いをめぐらしてみると、簡単には理解し がたいことかもしれないが、心配することは何一つとしてないことが分かり、少しは気持ちが楽になるだろう。毎日の生活の中で、あれこれと思い悩むことがあるとしても、その一つひとつは神の御前にあっては、取るに足らないものであることも分かって来るであろう。そして神を求めることによって、人がこの世界で生きていくためになくてはならない「日常の糧」も必然として与えられるということも分かってくる。与えられると受け身で書いてしまうと、あまりぱっとしないが、はっきり言うのならば、神が与えて下さるのだ。人が必要とするすべてのものは、神が与えて下さるというのだから、何を心配することがあるだろうか。

ところで思い違いをしやすいことかもしれないが、心配する必要がないということと、心配する原因が取り 除けられるということは同じではない。神を求めたからというだけで、私たちを取り巻く状況が一転して、ある日を境にして私たちを困らせるものが消えて無くなるというわけでもなければ、朝起きればその日の食事や衣類が、なぜか奇跡的にすべて揃って部屋に用意されている……というわけでもない。もちろん神にそれが実現出来ないというわけではない。実際、旧約聖書の時代にはイスラエルの民が食料のない荒野をさまよっているときに、天からパンを降らせたという「事件」も記録されているのが、それはまったく食べ物のあてがない荒野での話である。飽食の時代と言われて久しい今日の日本の現実を考えてみると、神がわざわざ天からパンを降らさなくとも、近所のコンビニに行けば、パンでもおにぎりでも弁当でも、最近話題のスイーツだって何でもあるではないか。当時と今の状況を考えると、食料のためにわざわざ神の手を煩わすまでもないのではないかと思ってしまう。むしろ今の社会で、玄関の前に食べ物が置かれてあるのを見つけたら、まずは疑ってみるのが先であろう。それを「神が与えて下さった!」などと喜んで食べる人はまずいないだろう。普通に考えれば、そのまま捨てるに違いない。

神が何かを人に与えるのであれば、超自然的な奇跡でそうするよりも現実的な、むしろ言い方によっては退 屈な方法でそうされるであろう。例えば、私も私の家族も毎日何不自由なく……いや、DVDレコーダーが壊れてからというもの見たい映画を見ることができずに過しているということを考えれば多少の不自由を感じないわけではないが……生活できている。もちろん神が私たちに必要なものを備えて下さっていると信じているのだが、奇跡的な何かがあるわけでもない。毎日仕事に行って、給料貰って、それで生活をしているだけのことである。折からの不景気の煽りを受けてDVDレコーダーを買えずにいるわけだが、それでも日々の生活に困窮しているわけではない。

そのような生活の一体全体どのあたりに神からの備えがあるのか、知らない人から見れば何も分からないか もしれない。しかし考えても見よ、そもそも誰が私に仕事を与えたのか。神であろうか……いや、私は違うと思う。多くの人々が随所で複雑に絡み合って、今の私がいるのだ。では神はどこで登場するのかと聞かれてしまうと、答えるに難しい。なぜなら神はすべての出来事の背後におられるからだ。但し、神が直接的に人の為すことに関与することは、皆無ではないにしても極希である。言うなれば、神はあらゆる場面において間接的に私の生活に関わっているのだ。それでは神が本当に関係しているのかどうか分からないではないかと、人に言われてしまいそうである。確かにそうかもしれない。しかしそれが信仰というものではないか。奇跡を目の当たりに見たから神を信じようというのは、昔から人の思うことである。しかし奇跡が起きたら、人はそこに目を奪われてしまい、それを起こした神には目もくれないのではないだろうか。奇跡を経験することだけでは真実の信仰は起きないだろう。奇跡の陰に見え隠れする神を知ろうとすることが信仰なのだ。神を信じることで自分のまわりの何かが変わることはない。ただ、まわりで何が起きようとも動じることのない、堅固な土台の上に立つことができるようになるのだ。

「あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」(マタイの福音6章34節)