後悔と改心

思えば、ヨセフと離ればなれになってしまってからというもの、ヤコブの身の回りでは良くないことばかり起きているのではないか。飢饉に見舞われたと思ったら、食料を買いに出掛けた息子たちの一人、次男のシメオンが捕虜として捕らえられてしまった。そのうえ彼の大事な末っ子を連れてこなければ、シメオンを帰さないとエジプトの大臣から脅されているのだ。もしかしたら何かしら良いこともあったかもしれないが、どうにも悪いことばかり目立ってしようがない。人というのは悪いことに目が向いてしまうものだ。

さて、エジプトから帰ってきた息子たちはヤコブに末っ子のベニヤミンを連れて行きたいと願い出た。父親としては不安でしかたがない。だからといって、ベニヤミンを手元に残しておけば、捕らわれているもう一人の息子も帰ってこない。いくら悩んだところで、答えはでない。ヤコブは嘆いて言った。「あなたがたはもう、私に子を失わせている。ヨセフはいなくなった。シメオンもいなくなった。そして今、ベニヤミンをも取ろうとしている。こんなことがみな、私にふりかかって来るのだ。」(創世記42章36節)

長男のルベンは父にシメオンとベニヤミンを守り、必ず一緒に戻ってくることを約束した。もしも彼らが戻ってこれない時には、彼自身の二人の子供の命を代償としても構わないと言った。よほどの覚悟があってのことだろう。

しかし、それでもヤコブはベニヤミンをエジプトにやることを納得しなかった。

すると今度は四男のユダが父に言った。もし二人を連れて戻ることができなければ、その罪を一生涯彼自身が負うと。

兄たちはベニヤミンを守ろう、父を悲しませないようにしようと強く感じていたようである。ヨセフに対して抱いた感情とはまるで違うのはなぜだろうか。ヨセフのように夢を解き明かすようなことをしなかったからだろうか。確かにそれはあるだろう。少なくとも兄たちから恨みを買うようなことはしなかったようだ。しかし、ヨセフがそうであったように、父からひいきに見られていたことはあったかもしれない。実際、ヤコブが彼をエジプトへ遣らずに留守番させたのは、彼を守りたいという理由があったからに違いない。そう考えてみると、多少なりとも兄たちから妬まれたとしても不思議はない。しかし、彼らの態度を見ると、そうでもないようだ。推測でしかないが、彼らはヨセフを見捨てたことを悔やんでいたのかもしれない。せめてもの罪滅ぼしのためにと、末の弟を大事にしようと心に決めていたのかもしれない。

ヤコブは息子たちに説得されて、ようやくベニヤミンをエジプトに行かせることにした。とにもかくにも食べるものがなくては、彼ら自身も生きてはいけない。

彼らはベニヤミンを伴って、再びエジプトの大臣のもとへやって来た。

たった一人の弟の元気な姿を見たヨセフは感極まって泣きそうになった。彼は平静さを装うと、彼らを自分の屋敷へと招待し、ご馳走を用意しもてなした。そして執事に命じて、彼らの袋に食料を入るだけいれ、彼らが持ってきた銀も一緒に入れておくようにと言った。そして、ベニヤミンの袋には、彼の愛用している銀の杯も入れておくようにと命じた。やがて食事が終わると、ヨセフは大臣の顔で兄弟たちを見送った。

シメオンも無事に戻り、ベニヤミンの身にも何事もなかったのを安心して、彼らは家路へとついた。ところが、ヨセフの家の者が彼らのところへやってきて、彼らのうちの何者かが、ヨセフの屋敷から物を盗んだと糾問した。執事は盗みをした者は捕らえるが、他の者については罪を問わないと言った。彼らも身に覚えのない罪を問われても困るので、身の潔白を示すために自分たちの荷物を彼に見せた。すると驚いたことに、ベニヤミンの袋から銀の杯が発見された。起こってはならないことが、起こったと思ったことだろう。

戻ってきた彼らに、ベニヤミンだけを残せば、後の者は帰っても良いと言った。ところが、ユダは何としても、ベニヤミンは無事に帰らせたいと懇願した。

父との約束だからか?そうかもしれない。自分が責任を負いたくないからか?否定はできまい。以前そうしたように、申し合わせて責任を逃れることもできたかもしれない。しかし、そうはしなかった。過去の過ちを繰り返してはならないと、彼らは心底から自身に誓っていたのかもしれない。