タグ : エステル記

モルデカイの信念

遠い昔、モルデカイと言う男がいた。彼はエステルという娘の養育者であったということは、旧約聖書のエステル記に書いてある通りである。「モルデカイはおじの娘ハダサ、すなわち、エステルを養育していた。彼女には父も母もいなかったからである。」(エステル記2章7節)おじの娘ということは、すなわちモルデカイとエステルはいとこ同士になるわけで、現代の感覚からすると違和感を感じてしまう。さてそれはそれとして、エステル記というのはその名が示すように、エステルがヒロインの物語である。そう考えると、モルデカイは脇役のような存在に思えてしまうが、彼なしではヒロインも存在し得ないわけだから、脇役というよりも陰の立役者と見るべきなのかもしれない。

ところで彼の一番の働きはエステルを育てたことであろうか。これは私の考えでしかないが、そうだとは思わない。俗に、親がなくとも子は育つと言うように、もしモルデカイがいなかったとしたら、もしくは彼が従妹の面倒を見るのを拒んだとしたら、おそらく他の誰かが彼女を育てたことだろう。この聖書の話では、エステルはペルシヤの王に見初められて王妃となるのだが、これがモルデカイの一番の功績かというと、そうではないと私は思う。彼が育てなかったとしても、彼女は王妃となるに相応しい女性になったかもしれない。もしかしたら独り身のモルデカイが面倒を見るよりも、彼女を才色兼備な女性に育て上げることのできた人物がいたかもしれない。
続きを読む