タグ : エゼキエル書

Devoid of Light

「モーセが天に向けて手を差し伸ばしたとき、エジプト全土は三日間真暗やみとなった。三日間、だれも互いに見ることも、自分の場所から立つこともできなかった。」(出エジプト記10章22~23節)エジプトが真っ暗闇に包まれたという。夜が暗いのは当然である。しかし昼間であったにも関わらず、夜のように闇になってしまったのだ。一体どういうことなのか、何が起こったのか。真っ先に思いつくの皆既日食であろう。たしかに月が太陽を隠せば、昼間でも夜のように暗くなる。だがエジプトは三日間も暗かったのである。普通に考えれば、日食がそんなに長く続くことはないことは明らかである。何年かに一度のチャンスと期待しても、始まったかと思ったらすぐに終わってしまうのが日食である。ちなみにここ一万年の間でもっとも長い日食とは、西暦2186年7月16日に観測できるもので、7分29秒続くそうだ。観測できる場所は南米ガイアナ共和国の首都ジョージタウンの東の沖合約1200キロの大西洋上である。残念ながら私は見ることができないが、もし見ることができたら貴重な体験となるだろう。

しかし長いと言っても、わずか7分と半分である。三日間続いたということは、エジプトを覆った暗闇は皆既日食で説明がつくようなものではない。果たしてどのような暗闇だったのだろうか。聖書にはこのこのように書かれている。「だれも互いに見ることも、自分の場所から立つこともできなかった。」夜のような暗闇とは違った。夜の闇であれば、月や星の明かりもあるであろうし、松明やロウソクの灯りもあるだろう。しかし隣にいるはずの人の顔も見えず、自分自身がどこにいるのかも分からないような暗闇だったいうではないか。そのような暗さというのは、日常では経験することのないものである。どんなに暗いと言っても、眼の前に持ってきた自分の手すら見えないというのことは、まずないであろう。もしこの世でそのような場所があるとしたら、それは光の届かない洞窟の中、地の底くらいしか考えられない。

続きを読む