タグ : 民数記

四十年の忍耐

正月休みに、娘たちの買い物に付き合った。行き先が名古屋であり、勝手知らぬ場所ということだったので、親心から一緒に付いていくことにした。よくよく考えてみれば、母親が一緒にいるのだから、わざわざ父親の私までが一緒に行く必要はなかったのかもしれない。とは言え、名古屋に行くなんて久しぶりだなぁ、何かおいしいものあるかなぁ、とも考えていたので、ついでの名古屋観光という程度にしか考えていなかった。後にこれが失敗の元であったと気付くことになるのだが、その時はまだ「(和菓子の)両口屋是清のどら焼き屋さんがある!しかも、イートインができる!」とか「チーズの漬物がある!味醂粕漬と味噌粕漬か、どっちも気になる……」とか、韓国コスメのお店やアクセサリーのお店を見ている娘たちとは別にひとりで楽しむこともできた。

さて、娘たちが行きたいと言っていたパルコにやってきた。が、これはいけない、人が多い。いや多いどころじゃない、多過ぎる。しかも若い子たちばっか。おまけに、みんな金太郎飴を切ったかのように似たような姿格好をしている。右を見ても左を見ても、前を見ても後ろを見ても、並みならぬ熱気を帯びた人ばかり。何より人混みが苦手な私にとっては、これは苦痛以外の何ものでもない。人混みならディズニーリゾートも人で溢れかえっているかもしれない。でも、あそこは屋外だから常に空気は新鮮であり、順番待ちで並んでいるわけでもなければ、自由に歩き回れるし、疲れたら休むこともできるから、まだ許容範囲である。もうひとつ、人混みと言えば、通勤ラッシュの電車の中は文字通り身動きすらままならないほどの人混みである。でもまだ、通勤ラッシュなら終わりが見えているだけ我慢のしようがある。でも若い子の買い物は終わりが見えない。

続きを読む

カレブの自信と確信

遠い昔、カレブと言う男がいた。カレブはモーセとアロンに導かれて荒野をさまよっていたイスラエル人の 一人であった。ある時、神はモーセに命じて、神がイスラエルの民に与えると約束した地を偵察するために、それぞれの部族から一名を選出してその地へ使わすようにと命じられた。カレブはユダの部族から選ばれた一人であった。約束の地を探ってきた彼らはぶどう、ざくろ、いちじくなどの果物を持ち帰り、モーセと民にこう報告した。「私たちは、あなたがお遣わしになった地に行きました。そこにはまことに乳と蜜が流れています。そしてこれがそこのくだものです。」(民数記13章27節)

そのような前途の明るい報告を聞いた群衆がどのように応えたのかは何も書かれていない。これは私の想像 でしかないが、おそらくそれを聞いた人々は大いに喜び、期待に胸をふくらませたことだろう。生きていくのに必要最低限の食料と飲料水しかない荒野で四十年も過してきたのであるから、そのように反応するのが当然のことだろう。何と言っても、みずみずしい果実が実る豊かな地が、手を伸せばすぐのところにあるのだから。彼らは、いざ進まん、とばかりに声を上げたことだろう。そして実際に現地の様子を見てきたカレブは民に向ってこう言ったのだ。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」(同30節)
続きを読む