タグ : 献金

二枚の銅貨を投げる

私がキリスト者になってからというもの、神社にお参りに行くことはなくなってしまった。では、キリスト者になる前は、ちゃんと神社にお参りに行っていたかというと、実はそういうわけでもない。まぁ、19歳の時にアメリカに行ってしまったからというのも理由かもしれないが。それ以前の記憶では、せいぜい正月に初詣に行ったくらいか。そして初詣と言っても、元旦にではなく、数日くらい経ってからだったような気がする。ところで神社にお参りと言えば、ケチな私はお賽銭を連想してしまうのだ。お賽銭はいくらぐらいが適当なのか。やはりご縁があるようにということで、五円がいいのだろうか。年始のニュースなどで、お賽銭箱の中身を神社の職員の方々が整理している場面がたまに放映されるが、そこで一万円札とかを見ると、結構な額を投げている人がいるのだなぁと、ちょっと神社がうらやましくなってしまう。やはり額は多い方がいいのだろうか。

ところで実際のところ、額はあまり重要ではないらしい。一説では、お賽銭とは「神様」(聖書のじゃないよ)への感謝のしるしであるらしい。またある説では、自らの汚れや邪気を金銭に託して清めるという意味もあるとか。キリスト者の視点から見れば、供え物としてのお賽銭と、いけにえとしてのお賽銭という考え方があるように思われる。いずれにしても、願いをかなえてもらいたいがために金銭で「神様」を買収するという意味はないらしい。願い事の大きさと金額は比例しないということか。
続きを読む

財産があれば

先日、三千円で五億円の夢を購入した。もちろん夢を見るだけなら、わざわざ三千円も費やす必要はないだろうし、その三千円でうまいものを食った方が、むしろ幸せな気分になれたかもしれないし、欲しいものを買った方が、長いこと楽しむことができたかもしれない。とはいっても、やはりわずかであっても、五億円の夢が現実なる機会があるとしたら、すがりたくなってしまうのである。まぁ、信仰の固いクリスチャンであれば、そんな小さく不確かなチャンスにすがるのではなく、確実な神により頼むのだろうが。

しかしそうは言うものの、たとえキリスト者であっても、やはり人間であるからには、欲がまったくないわけではない。当然ながら五億円を手にするきっかけがあるのなら、あまり迷わず手を出すし、多少の犠牲はやむを得ないと自分を納得させてしまうのであるから、実に都合のよいものである。さて、今手元に五億円あったらどうしようか。まずは「献金する!」と真っ先に思いつくのであれば、欲深であったとしても、まずまず模範的な回答であろう。ちなみに私の場合は「ローンの返済!」である。その次に「献金でもするか……」になるか。ローンさえ返してしまえば、贅沢を望んだりしない限りは、私の給料でも十分に生活することはできるので、残った四億は定期預金にでもしておこうか。そうすれば利息だけで年間百万程度にはなるから、ちょっとした贅沢をするには十分だろう。これぞまさしく取らぬ狸の何とやらである。しかしいくら財産を積んだところで、それは永遠には続かないのである。ソロモンもこう言っているではないか。「財産は激しい怒りの日には役に立たない。しかし正義は人を死から救い出す。」(箴言11章4節)
続きを読む

エリの息子たち

遠い昔、エリと言う男がいた。エリは祭司であり、神に仕える者であった。前回ハンナに祝福を与えたのも彼であったし、彼女がようやく授かった息子を託したのも彼であった。それを考えると、エリは信頼に値する人物であったのだろう。たった一人の子供の養育を任せるのだから、人としても、祭司としても、それなりの人物だったに違いない。

ところで祭司エリには自身の二人の息子がいたわけだが、父に似て神に仕える者であったかというと、残念ながらそうではなかった。聖書にも見誤ることなく「エリの息子たちは、よこしまな者で、主を知らず、民にかかわる祭司の定めについてもそうであった。」(Ⅰサムエル記2章12~13節)と書かれているほどだ。確かに彼らは主の宮に出入りすることはあったようだし、捧げ物をを礼拝に訪れた人々から受け取ることができる立場にもあったようだ。おそらく祭司である父の手伝いをしていたのだろう。ところが彼らは捧げものを持ってくる人々に対して「捧げ物を祭司に渡しなさい」と言って手を出し、人々がそれは教えられた方法と違うと言って拒むと、今度は「渡さなければ、力ずくでも奪う」と脅すという具合であった。彼らは祭司の子という特権的な立場を利用して、その権利を神に奉仕するために用いるでもなく、また民に仕えるために生かすでもなく、こともあろうか自らの欲求を満たすために利用したのである。そして本来であれば神に捧げられるべきものを彼らは掠め取ったのだ。
続きを読む

捧げ物

神に背いたことでエデンを追放された夫婦に、やがて兄弟が生まれた。最初に生まれた方はカインと名付けられ、後に生まれた方はアベルと名付けられた。それ以外に子供がいたのか、それともいなかったのかは何とも書かれていないが、男子二人だけでは子孫が残せなかったであろうことを考えると、その他にも大勢いたのかもしれない。まぁ、聖書に何も書かれていないことから察するに、気にするべきことではないのだろう。それよりも大事なことを、この二人の兄弟を通して神は我々に伝えようとしている。

さて、兄弟は成長し、兄であるカインは「土を耕す者」(創世記4章2節)となり、弟であるアベルは「羊を飼う者」(創世記4章2節)となった。ある時、二人はそれぞれ神に捧げ物をすることにした。農夫であったカインは自らの畑で収穫されたものを捧げ、牧者であったアベルは「羊の初子の中から、それも最良のもの」(創世記4章4節)を持ってきて神に捧げた。神はそれらの捧げ物をご覧になってどうされたかというと、アベルの持ってきた子羊を喜ばれたが、カインの捧げた野菜や果実には目を留めることさえしなかった。
続きを読む