タグ : 祝福

隣の芝が青ければ

あれ、おかしい……給料日までまだ十日近くもあるのだけれど、なぜか財布に小銭しかない。せめて英世が二、三枚くらい残っていてもいいのに。さてさて必要のないものに無駄遣いをした記憶もないのだが。などとあれこれ冷静に考えてみると、今月は出張が多かったから交通費も嵩んだし、飲み会でもちょっと多めに出したし、キャンプにも行ったので、普段よりも出る金が多かっただけだ。もう少し財布に入っていればと願いつつ、もうちょっと稼がなければと思いつつも、四月から六月は稼ぎをなるべく抑えておかないと、次の社会保険料に響いてくるのだから、なるべく稼がないようにしないといけないというジレンマに陥ってしまうのだ。そんなケチなことを考えているときに、財布の中に諭吉をもっている人を見かけると、なんともうらやましくなってしまうのだから、我ながら情けない。

さて隣の芝は青いとは言うけれど、他人のものを羨んでしまうのは、人間の性というものなのだろうか。自分より稼いでいる人がいることを知れば、その人がうらやましくなる。能力や才能を生かせる仕事をしている人を見れば、自分もそのように働けたらと思ってしまう、まるで自分に何か特技でもあるかのように。人というのは、自分の持っていないものを欲するものなのかもしれない。そのような欲がなければ、どれだけ気楽に過ごせるだろうかと思うのだが、残念ながら私には到達することのできない境地だ。考えようによるが人を羨むということは、悪い方に倒れると、その人に対する根拠のない憎しみや敵意となるだろうが、もし良い方向に倒れるのならば、それは人を奮い立たせ、さらなる高見を目指すための原動力ともなるだろう。もっともいずれにも倒れなければ、無気力というマイナスにもプラスにもならないのだが、どうなるかは、その人の気の持ちようということだろう。
続きを読む

人から出るもの

イエス・キリストは神の子であり、同時に神でもある。信仰者にとって、そう口にするのは簡単なことかもしれない。とはいえ、その証拠を示せとか、根拠を述べろとか、そのように言われてしまうと、正直何と答えるべきか分からない。なぜなら、イエスが神であるという示すことのできる、具体的かつ決定的と言えるような証拠がないからだ。無い頭をひねって考えたところで、せいぜいたどり着く答えは、聖書にはそう書いてあるからとか、そのように伝えられているからとか、その程度であろう。しかしやはりそれも証拠にはならないだろう。端から信じようとしない人にとっては、たとえ聖書であっても何の権威もないからだ。となると、やはりイエス・キリストは神であると信じることでしか確証は得られないのかもしれない。

とは言うものの、確かでないものを信じるということは、それはそれで難しいことのように思えてしまう。だが改めて考えると、人というのは知らず知らずのうちに、確証のないものでも、何の疑いもなく信じているのではないかとも思えてくるのだ。
続きを読む

キリストの感謝と祝福

もしかしたらずいぶん前にも書いたかもしれないが、我が家にはメダカがいる。マンション住まいということもあり、基本的にペットを飼うことができないので、もし生き物を飼うとすれば、鳴き声も出さずに、走り回ることのない魚類は、誰にも迷惑を掛けないので、飼いやすいといえばそうかもしれない。このメダカ、正確に覚えてはいないが、初代はもう2年だか3年ほど前に我が家にやってきた。途中で絶滅の危機に瀕したものの(いや、もしかしたら一度は全部死に絶えてしまったかもしれないが、都合の悪いことは忘れた)、都度買い増したりして、なんとか卵が産まれ、孵化して、今日に至る。

最初にメダカの世話をしていたのは私だったのだが、いつの頃からか面倒になってしまい、一年経った頃には、メダカの寿命なんてもって一年くらいだろうと思い、「自然に任せる」と適当ないいわけをして、そのままにしてしまった。幸いにもメダカは私の妻や娘らによって救われたのである。小さなメダカの世話すらなおざりにしてしまう私と比べるのも、実に畏れ多いことだが、キリストが私のような中途半端な性格でないことに感謝だ。
続きを読む