タグ : 言葉

言葉の実

ここ最近、暑い日ばかりが続いている。八月だし、夏なのだから、当然と言えば当然のことなのだろう。そんな当然のことに文句を言っても仕方のないことなのは、重々承知しているのだが、恨み言のひとつやふたつくらい言いたくもなる。とくに私は暑がりで汗っかきなのだから、そのような気持ちは人一倍である。そんなことだから、私が口を開けば、暑い、うっとうしい、などといった不平不満ばかりが出てしまう。どうにも暑くなると心穏やかに過ごせなくなってしまうようだ。まったく毎年のことであるが、暑さをしのぐにはどのように過ごしたら良いのだろうかと考えてしまうのだ。もちろん避暑地に行くとか、エアコンを買うとかいう選択肢は除くとしてだ。まぁ、これも毎年のことだけど、そうやって考えて過ごすうちに暑い季節は過ぎてすまうのであるが。ふむ、そうやって考えてみると、じっと耐えるしかないのかもしれない。箴言に暑さを乗り切る知恵なんて書かれていないものだろうか……などと考えるのは間違っているのだろう。

さてソロモンが住んでいたところの夏はどんなだったのだろうか。さすがに当時の天気の記録などは残されていないと思うのだが、参考までに現代のエルサレムの八月の平均最高気温は29度らしい。連日のように30度を越えてしまう横浜と比べてみると、わずかばかり過ごしやすそうであるが、それでも暑いことには変わりなさそうだ。それでもソロモンは心を穏やかに保つことができ、知恵を追求することができたのだから、そのようにして平安にいられる心構えは見習いたいものである。さて、暑さとはまったく関係ないことであるが、常に知恵を求めていたソロモンの残した言葉にこのようなものがある。「人はその口の実によって良いものに満ち足りる。」(箴言12章14節)
続きを読む

しゃべり過ぎないこと

「沈黙は金なり」という19世紀イギリスの思想家の言葉があるかと思えば、「口は災いの元」ということわざもある。どうやら人の口から発せられる言葉というものは、洋の東西に関係なく昔から、影響力の大きいものとみなされているようだ。人を生かすも殺すも言葉次第、というところか。平易な言葉で言い換えるのならば、無駄口を叩くなということであろう。それは人を不快にすることもあれば、自分自身に仇をなすこともあるのだろうし、浅薄なおしゃべりというのは、発言をしている者自身の品位を下げることにもなるだろう。

最近ではインターネットで自らの「つぶやき」を公開できるツイッターなるサービスも登場し、ますます「無駄口」を叩き易くなっていると言えるかもしれない。一般企業とか団体が宣伝目的の媒体として利用したり、報道機関や公的機関が情報伝達の手段として用いるのであれば、その利用価値というのは高いと言えるだろう。しかし一般人が思っていることを公にしても、果たしてそれに価値を見出すことができるだろうか。以前、通勤の電車の中でツイッターでつぶやいている若い女性を見かけたが、その内容はこのようなものだった。「電車が混んでる。超嫌だ。」なんというか、その内容の無さに衝撃を受けてしまったので、今でも印象に残っているほどである。
続きを読む