タグ : 赦し

罪人を招く

隣は何をする人ぞ、とはよく言うものである。これは私の場合であるが、混んでいる電車に乗っていると、隣に立っている人がスマホで何をやっているのかと、つい見てしまうことがある。言い訳ではないが、意図的に盗み見ているわけではない。ただ何をしているのかなぁと興味があるだけだ。たいていの人はゲームで遊ぶか、ツイッターやらLINEやらをやっているか、ブログやニュースや漫画を読んでいるか、いずれもありふれた光景なのでこれといって珍しく思うことはない。ところが先日買い物をしている人を見かけた。スマホで買い物なんて、そんな気軽に物を買うなんて私にはまねができないよ、と思いつつ何を買っているのか観察していたら、一人は2万円強のテニスシューズ、もう一人は十数万円のグアム旅行であった。ふぇー、お金が余ってるんだなぁと思ったのだが、よく考えてみれば世の中では夏のボーナスが出た時期なのを思い出した。

新聞の記事によると、おおよその金額であるが、大手企業のボーナス支給額は平均で90万円、国家公務員は60万円、だとか。人の財布を覗いても無意味なことは分かっているのだが、なんともうらやましい限りである。お金はお金の好きな人のところに集まると、何かで見たことがあるが、はたしてそんなものなのだろうか。私だってお金が好きであるが、それでもお金に対する愛情というか、情熱が足りていないのか、お金が集まってくるような気配は皆無だ。それこそお金を愛してやまぬというくらいに、お金を得るためなら、あれやこれやと苦心するくらいの想いがないとだめなのだろうか。とは言え、裕福な人すべてが金の亡者でもないから、やはり、そういうわけでもないのだろう。
続きを読む